スクリュウウエーブ二色

 

 

 

 

 

この柄、スクリュウウエーブが最も高い織りのようです。わたしは以前に拝見しているのですが、自分の世界ではなく、興味も持ちませんでした。お客様から教えていただき、いまもっともホットな織だとおしえられました。織る職人のことまでみなさん研究しておられます。まあそこまではいかがかと思いますが、たしかにデパートの特選の訪問着なども150万とか250万くらいのものがよく売れていると聞きます。わたしはそれはあまり健康な状態ではない・・・と思っています。富士山が高くそびえていられるのも、すそ野が広いからです。手描きでも数分の一でいい訪問着がたくさんあります。そういった名もないいい作品をたくさんお求めいただいて、その上に念入りな創作品が一割くらいお求めいただいている状態が正常ではないのでしょうか。・・・とわたしは思います。と申しましてもこの帯が異常だと申し上げているのではありません。作れる量がほんのわずかなのですから、名前は知られているが現品が無い・・・という世界はあっていい世界だと思います。もっと捨松さんや都さん、あるいはまことさんなどに頑張ってもらいたいと思います。泰生さんだって、八寸の織帯は素晴らしいものを作っておられたのですから。

藤田さんのドット名古屋帯

 

 

先日も申し上げましたように、藤田さんはちょっと特別な機屋さんです。他の追随を許さぬ高い織りの技術力は業界の誰もが認めるレベルです。社長さんの理想を職人の人たちもよくわかり、最近の業界の中では異例と言ってよい光彩を放っている機屋さんです。わたしは大いに尊敬し、できれば現役中に扱いたかったのですが、ご存知のようにわたしは小紋や付け下げ、無地の紋付、ウオッシャブルの長じゅばん、お茶席の帯地などの仕事に追われ、このレベルの重い仕事に取り組めませんでした。いま、買い継ぎのかたの好意でこのようにたくさんの柄をご覧いただけるのは楽しいです。今日は一柄ですが明日からは日に二柄くらいはアップしたいと思っています。以前、どのように織られるんだろう・・・と興味を持ち、ひっくり返したりずいぶん研究してみましたがわかりませんでした。また、他の買い継ぎにも声をかけたのですが、取引が出来ない・・・と言われる結果でした。わたしのような数を買ってバッタ品の値段にさせようといった発想では通用しない機屋さんだ思った記憶があります。お客様のほうがよほどよくご存じで、職人の名前から、退職した時期までご存知の方もいらっしゃいます。買い継ぎの人も、静かなブームです・・と言われます。この柄は八寸の織で、雲海ショートと申します。一点一点同じものは作られませんしそれぞれに名前がついています。追加のご注文は受けてもらえません。ほんらいの高級呉服の在り方なのでしょう。

 

七野、引き箔袋帯Ⅱ

 

 

 

わたしのような昔の呉服屋は感覚的についてゆけないのですが、買い継ぎのかたの話では、このような柄が支持されているのだそうです。わたしは日常着としてのきものから出発していますので、おしゃれな感覚はあまりありません。でも、広い視野から見ておられる買い継ぎのかたの話は前向きに受け止めなければわたしが時の流れから置いてゆかれます。ただ、帯の品質は素晴らしく、みなさまに触っていただきたいと思います。わたしの父はつづれを織っていましたから、わたしもいろいろな糸に接していました。この本袋という織り方は表生地と裏地を同じ糸で織ります。それは練りこみも糸質もよほどよくないと織れない拵えです。これが本来の帯というものです・・・と申し上げたいほど上質の帯だとおもいます。

七野、引き箔、丸練り、本袋。袋帯

 

 

七野さんはちょっと特別な機屋さんです。みなさまには苧麻の大柄の袋帯で何度かご覧いただいています。自分の信じる帯地をひたすら創ることが生き甲斐・・・そんな機屋さんです。わたしは現役のうちにはこの引き箔の本袋は扱えませんでした。魅力はありますが値段についてゆけませんでした。先日、取引もなくなった長年の友人である買い継ぎ問屋の方が上京の折り立ち寄ってくれました。わたしがしょんぼりとしているので、求めなくてもいいから、藤田さんと七野の帯地をホームページに載せてみてはどうか。売れなくてもいいではないですか・・・品物は普通にはネットにでるようなものではないのですから、お客様が興味を持たれ話題になれば好きなきものの話ができるではないですか・・・まことにありがたいお話で、好意を受けることになりました。藤田さんや七野さんの帯地は、買い継ぎ問屋といえども、機屋さんとよほど信頼関係がなければ買えない機屋さんです。みなさまも藤田さんのホームページを訪れていただきますと、社長さんの在り方をご理解いただけると思います。一点一点がすべて手作りで、おなじものは二つとない創作品です。このレベルの帯地は他の機屋さんが真似しようとおもっても出来ない世界です。この買い継ぎの人は、他にも引き箔地に加賀刺繍で袋帯(百万を超えるような)を作ったりしておられ普通の量産の機屋さんのものは扱われません。この七野の帯は4柄ごらんいただけます。また、藤田さんの名古屋は9点ご覧いただけます。わたしが年のせいで要領よく素早くが出来なくなっていますので、ゆっくりとご覧ください。現役のうちにできなかったことをぽつぽつとこのような形でみなさまに提供できることもわたしにとっては喜びではあります。値段は書かないでもらいたいと言われていますので、申し上げれません。生産が少ないですから、デパートにには出ませんが、著名な専門店では扱っておられます。この七野さんは20万円台半ばです。のちにご覧いただきます藤田さんの帯地は15万から35万くらいです。楽しんでいただければわたしといたしましては喜びです。

河崎さんの袋帯

 

河崎さんの袋帯です。河崎さんはもともと龍村平蔵さんの工場長をなさっておられ、平蔵さんが亡くなられて機屋として独立なさったかたです。今は孫の世代ですが機や糸遣いは龍村さんの時代そのままです。いまはタペストリーに力を入れておられ、普通の帯に比べて感覚が違う部分を感じられるかと思います。この感覚を好まれるお客様方も多く、二十年ほどご愛顧いただいてまいりました。この帯は芯を入れて仕立て上げてございます。たきちでは¥170,000、-でお求めいただいてまいりました。お仕立てはサービスとさせていただきます。ご希望の方がございましたらよろしくお願いいたします。

信州で見つけた友禅

 

 

この友禅は信州で染められています。もともと長野県、山梨県、また埼玉県の荒川沿いには以前から友禅を染める工房がおおくありました。わたしも以前に熊谷で染めているという方の話を聞いています。わたしが懇意にしている帯の買い継ぎ問屋の人が長野県の呉服屋さんで見かけてまちがいなく板場で染めていることを確かめて、わたしに教えてくれました。東京で染めると地価のこともあり、コストはどうしても高くなります。ですのでブランドとして確立して値段を維持したい・・・と努力なさいます。わたしなども落合の染屋さんには生地を出して染めてもらっていたのですが、数年前に断られ、自社の染め上がりを貸しますから値段は当社の規定により・・・と言われて、江戸小紋は扱わないようになりました。この染め師さんは注文が少なくなりほとんど染めておいでではないようですが、わたしの懇意な人が試みに6柄染めてもらったところ、いい仕事ですので扱ってみてはどうかと教えてもらいました。あるていどの数量を定期的に発注してゆかねば、仕事としては成り立ちませんのでまだ本格的に立ち上がっていないのですが、シルクスクリーンではなく、昔ながらの板場の送り友禅ですから、みなさまに申し上げてご助力をいただきたいとおもいご覧いただいています。板場で型紙で染めているところを写真に撮ってもらうようお願いしています。みなさまのメリットとしては地方で染めておられますからコストがまるでちがいます。型継ぎなどの技術が下手であれば安くても魅力はないのですが、長年板場で染めてきておられますからいい腕だと申し上げれます。値段は¥98,000、-(別税)でおねがいいたします。ほんものの板場の友禅としては半値以下と申し上げれるくらい値打ちのある染め物です。柄が揃うのは数か月先になると思いますが期待してお待ちください。