袋帯を名古屋帯に仕立ててみました。Ⅱ

 

証紙番号25番の名に恥じない、糸も織もとても優れた品物です。いまはこのような感覚の帯地は流行でないのは私も存じております。ただ、廃棄するのには品物が優れていますので、わたしがもったいなくて、どなたかお使いいただければ、ありがたいと思い、仕立ててみました。お茶をなさる方ですと、このような帯地もお締めいただく機会がきっとあると思います。仕立て上がり¥10,000、-(別税)でお願いいたします。

袋帯を名古屋帯に仕立てました。Ⅰ

 

川村久太郎さんの趣味の紬の袋帯を名古屋帯に仕立ててみました。最近は、袋帯の二重のお太鼓が重い感じ・・・と言われる方が多く、名古屋帯がとても好まれていると思います。川村さんの染め帯は袋帯として評価も高かったのですが、紬や小紋などにも名古屋の方が使いやすい・・・・といわれます。値段は処分の価格で、仕立て上がり¥35,000、-(別税)でお願いいたします。

名古屋帯、仕立て上がりⅤ、Ⅵ

 

 

栗山紅型の麻の生地の夏帯、二点をご覧ください。わたしが長く入院いたしておりまして、ことしは夏帯もほとんどご覧いただくことなく過ぎてしまいました。栗山さんの夏帯は、秋冬物よりも値段は高いとされています。もうあすからは単衣の時期ですので、あまり夏帯をおすすめする季節ではございませんね。値段をうんと勉強させていただき、柄も品物も吟味してございますので、お求めいただきたいと思います。仕立て上がり¥¥48,000、-(べ地税)でお願いいたします。

名護帯、仕立て上がりⅢ

スクイの名古屋帯です。たきちのホームページでは79,000でお求めいただいておりました。この機ももう終わりになります。スクイはつづれなどと同じように爪や櫛などで寄せて織ってまいります。表情が出て、上手下手もすぐわかり、たいへん敏感な織物です。つづれに挑戦する人たちや、スクイの魅力に引き寄せられて、織子として参加なさるのですが、養成の期間は公的資金などもあり、なんとか頑張られるのですが、独り立ちしますとそのあまりの工賃の安さに長くは続かない・・・のが実情です。生き残るのには自分の技術を向上させる以外どのような方法もないのですが、苦節10年も営々と下積みで頑張れるひとも少なくなりました。伝統工芸はきちっと伝承されなければ意味をなしません。後世に残るものですから質を落とすことはできません。むずかしい問題でございます。この帯地は仕立て上がり¥59,000(別税)でお願いいたします。

名古屋帯、仕立て上がりⅡ

 

この染め帯は長くたきちで店番をいたしております。ごく重めのちりめん地で、絵はいい腕で描かれていますし、きっと早くにお求めいただけると思っていたのですが、すこしおとなしい柄でもあり、長く番頭を勤めてくれました。仕事も生地もいいものでございます。紬などの普段用ばかりでなく、お茶のお稽古の席などにも充分お役に立つと思っています。処分の値段でございます。¥48,000、-(別税)でお求めください。

名古屋帯、仕立て上がり。

 

長谷川の名古屋帯です。かっては、良品を安くでお求めいただきたいと、とても良心的な価格で発売されていたのですが、現実には経営が成り立たず会社がなくなりました。たくさんの方にお求めいただかねば成り立たないのですが、もうそんなにきものや帯地が必要とされていない時代なのですね。わたしにとっても長谷川の倒産はショックでした。自分も同じことを考え、目標としてだけに、時代が変わったことを目の前に突き付けられたな思いでした。長谷川さんの仕事は評価も高かったので、山田さんがを後を引き継いでおられますから、品物は作られています。たきちにはまだ数点在庫でございますが、とりあえず、この1点は¥48,000、-(別税)でお願いいたします。