鈴源さんの男夏お召し

 

 

鈴源さんの男物の夏のお召しをごらんください。三枚目の写真をご覧いただきますと、白い部分が小さい亀甲の模様になっています。小さな亀甲の柄が織りだされています。経糸も多く、撚糸も強い強撚につくられた紋お召しです。米沢の産地としての特徴は、素材に偽りがないことだと思います。いい素材を使いながらアピールするための研究は少し遅れているようにおもいます。ともあれ、品質の良い男物の単衣の時期や夏のためのお召しとしてご覧ください。もともと高い品物でございます。¥45,000、-(別税)でお願いいたします。三分の一くらいの値段です。

米沢・鈴源の紬お召し、3反

 

米沢の鈴源さんは規模と高品質で知られた長い歴史を持つ機屋さんでした。特に男物の袴、紬、お召しなどを得意とされ、長い間わたしもお世話になってまいりました。先日、会社は整理なさいましたのですが、その際在庫の処分があり、わたしも拝見したのですが、求めたいものがなく、この紬お召しの白生地3反と、男物の夏の薄お召し地1反だけ求めてまいりました。この白生地はとても上質の紬糸を精錬してから白生地に織っておられます。以前の値段を存じておりますので、安いこともあって、小紋下や無地のきものには向いているとおもいました。男の方の無地のきもの、女性用に単衣の無地や小紋を染めていただきますと、野趣に富んだ着心地のいい普段着になります。生紬の白生地が高いので、求めにくいのですが、この生地は生紬より高品質だとおもいます。¥26,000、-(別税)でおねがいいたします。3反のみです。

お召しⅡ

 

 

 

 

 

 

ただいまは三柄で配色はそれぞれ三色を織っておられるそうです。いまでは丹後の屈指の機屋さんですが、納品先を固定せず、広く門戸を開けておられます。わたしはこのことがとても大切なことだと思っています。広い販路は競争を生み、価格の硬直を防ぎます。また、流通機構で保護されていませんから、常に緊張と努力が求められます。乗り越えて一流を保つことはこの時代では容易なことではありません。お召しは求められている織物ですからコストを抑えて多くの人に求めていただける品物を提供し続けていただきたいものです。値段は昨日申し上げていますように¥79,000、-(別税)でおねがいいたします。

丹後で織るお召しの優れもの

 

 

 

 

 

以前からこの機屋さんはお召しを試みられていました。わたしがよくお勧めしていました、白生地のお召し機もこの機屋さんの作品です。この度、多色のお召しを織り始められました。糸遣いはよくわかっていますので、手に取ってみて間違いなくいい織物になっているとおもいました。みなさまにごらんいただき、こんごもこの機屋さんは応援いただきたいと思い、3点求めてまいりました。最近はお召しは隠れたブームになっていると感じます。中にはわたしがお求めいただきます訪問着より高い40万とか50万するようなお召しを発売しているところもございます。それはそれで意義のある織物かもしれませんが、わたしは病的に感じて取り扱いたいとは思いません。たくさんの方にお召しいただきたいと思うトップの品物は、西陣の帯屋さんの河村さんが織りますお召しと、小千谷の林さんの織るお召しです。ともにデパートで売られていて、流通がきちっとしていまして、いくら製造元に行って直談判をいたしましても委託の値段以下にはしてくれません。買い取っても安くならないのです。写真のお召しの機屋さんは父の代からの取引で、「いいもの屋」さんです。¥79,000、-でお求めいただかねばならないのですが、品質はもっと上の品物です。仕立て上がり12万ほど致しますが、この織物でしたら十分値打ちはあると思います。下から3枚目の写真をごらんいただきますと、斜めにいたしますとブルーの色が二色に見えるよう織っております。ちょっとしたことなのですが、お召しいただきますととても魅力的な変化があります。どうぞご愛用いただきたいと存じます。

ぶどう棚の柄の帯。

 

先日染め上がりの状態でご覧いただきましたぶどう棚の柄の帯が仕立て上がってまいりました。上品な染め上がりのなかにも力強さがあり、いい帯になったと存じます。8寸2分幅の仕立て上がりです。この染め帯は、先日染め屋さんが東上の折り、同じ柄の姉妹の帯を持参して見せてもらいました。この帯は違う染め方もありうることですので、染屋さんは控えに同じ糊を置いて色挿しを待ってもらっていました。その控えの帯を染め上げておられました。隣の芝生は良く見えると申しますが、とてもよかったです。うれしいことやつらいこと、いろいろございますが、喜びも苦労も含めて呉服屋冥利に尽きると思いお客様には感謝でございます。

引き箔袋帯

 

 

ちょっとカジュアルな袋帯をごらんください。引き箔で織り上げていますが、箔は両面で、織機で織っています。でも、いまは引き箔を織機で織るから手織りと格が違う・・・といった感覚は機屋さんにはございません。織機の箔でも織り手の高度な技術がなければ織りあがらないようです。手織りの引き箔がもう織られていないのでは・・・と思いながら先日引き箔の無地の名古屋を注文いたしましたら、手織りで3段階あると返事がまいりました。まだ存在していました。ただ、箔の無地はキズになりやすく、10点織って2~3本はキズになるといわれます。ですから、10点くらいご注文いただきたい。キズ物も含めてお引き取りいただきたい・・・との条件付きでした。以前ですとそのような勝手な話は考えられなかったのですが、いまは生産者を保護し育成も考えなければなたない時代です。話は写真の帯にかえりまして、この帯地の箔は漆箔でございます。和紙の上に漆や金銀泥で絵を描き、細く裁断して織ります。片面の箔では織機で織って箔がひっくり返りますと裏の白が表に出てしまいます。ですので、両面に同じ柄を描く両面箔をつかいます。みなさまも帯の裏の耳の部分をごらんになられますとひと目でわかります。業者の知識レベルが低くなっていますから、自衛のために知識を身に着けていただければありがたいとおもいます。この帯地は名古屋帯専門の機屋さんが織っておられました。柄の雰囲気も名古屋帯の感じがございます。機が上がりますので処分します・・・とのことで、¥115,000、-(別税)でお願いいたします。

ブドウの帯

 

ひどい写真で、自分ながら情けないのですが、仕立て上がってまいりましたら、改めて照明を工夫して再度ご覧いただきたいとおもいます。先日、筆を挿した状態でごらんいただきました。今日は彩色が上がり、仕上げができております。お客様のご希望も、上品な仕上がりに・・・とのとのことで、誇張をなくして、穏やかな染め上がりにいたしてございます。地色も目色も写真が思うようではございませんが、ともかくご覧いただこうとおもいました。最初のデザインの絵から見ますと、ブドウの実の粒を小さくいたしてございます。お使いいただく方の人柄を考え、帯の自己主張を抑えてございます。わたしは、地色をもっと薄い色にして、柄の彩色を強いタッチで・・・とも申し上げました。呉服屋は作品が立派になることが成績がよくなるように考え勝ちです。時には、お客様のご希望と離れても、立派な染色作品にしあげたいものです。自戒しなければ・・・と思います。