藤井絞りさんの名古屋

藤井さんの名古屋帯が一点残っていました。わたしが惚れこんで値段かまわず求めていました。もっとも、値段かまわずと申しましても、いちおう頑張って安くしてもらっているのですが、ご覧いただいて、お気に召していただきましてもなかなかお求めいただけません。16万の値段ではわたしでも考えてしまいます。ただし、名品ではございますね。鹿の子の絞りも気品があり、わたしは白大島にぜひ・・・と申し上げていました。ともあれ、在庫として残ってしまいました。勉強させていただきますが、¥120,000、-(別税)でおねがいいたします。比べようがない作りですので、高いとはいえないと思いますが、品物がわたしの器量を超えているのかもしれません。よろしくお願いいたします。

小森さんの名古屋帯

小森さん。手織りの帯地の名門の一軒です。最近は織機も取り入れて手織りと遜色ないいい帯地を作っておられます。わたしが手織りにこだわりますと、業者の人たちとは、糸の質を落とさず丁寧に織ることでコストを下げながら織物としての質を維持しているのだからそれはそれでとても意味のあることだ・・・と話し合います。一方、小森さん自身は手織りでとても高いブランドの帯も織っておられます。名門でも品質を落とさず幅広く需要に対応しようとなさっておられるのですから、わたしたちは理解して同じ方向を手探りしてゆくのがいいように思います。みなさまもこの機屋さんの姿勢は信頼していただいて大丈夫だと思います。上品な六通の名古屋帯でございます。¥68,000、-(別税)でおねがいいたします。

捨松さんの新柄六通

多くの方がご覧いただいたときに ”捨松” と感じられると思います。柄の雰囲気、写真を通してでもわかる糸のしなやかな質。織機で織っておられるのですがとても上質の帯地です。礼装から小紋まで幅広くお使いいただけるとおもいます。いままでにも捨松さんのことはずいぶん申し上げてまいりました。西陣を代表する高級帯地の制作で著名な機屋さんです。わたしは袋帯の捨松さんでしか織れない世界が大好きなのですが、最近は袋帯があまり歓迎されないようになりまして、求めるのには勇気がいります。でも、捨松さんの本来の袋帯を、ホームページ上ででもご覧いただきたいと思っております。まだ半年以上時間がございますから、一段落しましたら挑戦してみます。この帯地は一人前に¥96,000、-(別税)でお求めいただかねばなりません。よろしくお願いいたします。

藤井絞りさんの名古屋帯

藤井さんの名古屋帯をごらんください。仕事はいまさら申し上げることもないと存じます。今日まで残りましたのは、わたしの買値が高く、お求めいただきにくかったのだとおもいます。でも、藤井さんの帯地は以前のように破格の値段でお求めいただくことはもうできないと思います。藤井さんは名門であるとともにある程度の数量を作って業界を牽引しなければならない立場でもありました。でも、もう損はできません・・・と2~3年前から言われています。わたしのような、いいものを安く!をモットーにする者は定価ではお求めいただけません。残念ながら終わらなければしかたない・・・と考えています。¥78,000、-(別税)でお願いいたします。

河崎さんの手織り名古屋帯

河崎さんはみなさまにとってもなじみのある機屋さんだとおもいます。お祖父さんが龍村さんの工場長であったこと、平蔵さんが亡くなられてご自分で帯を織りだされたことは業界では周知のことですが、この十年ほどは本袋の練り糸の袋帯でみなさまにもご愛用いただいています。ある帯屋さんが頼んで名古屋帯を始められました。初めてのことでわたしもびっくりしました。地は織成ともうしますナナコ(斜子)の地です。もちろん手織りでございます。最後の写真は裏から写してございます。スクイではありませんが、手織りでなければこのようには上がりません。わたしといたしましては、初めての名古屋帯ですので、期待を込めてご希望の値段で求めています。将来は価格は検討いたしますが、ともかく糸も織も正統派の名古屋帯がうまれました。柄数もこれから増えてまいりますかとおもいます。手織りの名古屋は捨松さんでも作れなくなる一方です。また、つづれなどは美術工芸品の値段になってしまい、実用品の価格ではなくなりました。この帯地でも10万の見当でございますから、実用品としてはすこし高いとは思います。でも、織機で織った帯地でも、糸や織を吟味した良品は市価で10万はゆっくりと超えています。多くの機屋さんが名古屋に挑戦なさるのですが、よほど基礎がしっかりとしていないと、とても使い物になるような帯にはなりません。このように正統派の機屋さんの中から珍しく名古屋帯が芽吹きました。みなさまに育てていただきますようお願いいたします。¥98,000、-(別税)でおねがいいたします。

しょうざん、生紬の染め帯

しょうざんは京都の北、上賀茂の地でホテル、レストランなどの経営にあたりながら、すこしの逸品のきものや帯を制作しておられる会社です。もともと”しょうざんのウール”としてごく上質のウールのきものの制作で一世を風靡しました。いまは生紬の生地に訪問着を染めたり、ご覧いただいているような一点ものの帯を制作しておられます。一年に一点か二点ほしい柄があった時求めていました。最近はちょっと遠のいていたのですが、先日、この柄を拝見して、求めました。たいへん難しい柄でどなたがお締めいただけるのだろうか・・・と思いながら染めの魅力に引き込まれました。単色の大島の泥の7マルキ、もしくは結城の単色、小千谷の紬など・・・にはいかがでしょう。この生紬は群馬県産のようですが、越後でも作られていまして、いずれもしょうざんの特注のようで、わたしたちが欲しいとおもっても手に入れることはできません。小千谷の座繰りの糸を使った帯地も、何とも言えない雅趣がございますが、生地も染めも特殊な帯地でございます。最後の写真は前の柄です。値段は¥120,000、-(別税)でおねがいいたします。しょうざんの染め帯は出荷の値段からはんだんしても、20万円いかで市場に出ることはないと思います。わたしの好みの独断と偏見に満ちた帯ですが、どうぞ好んでいただく方がございますように・・・・

今年中でのれんを降ろそうという人がまだ品物を求めてどうすんだ・・・と言われそうですが、わたしは10月くらいまではほれ込んだものがあれば買ってまいりたいと思っています。今の状況ですと、思ったより早くに在庫の処分が済むかな・・・と考えています。特に小紋はいいものを染めていないので、品不足の状態です。

藤井絞りさん、名古屋帯

藤井さんの名古屋帯をごらんください。もう一点在庫がございますが、二点で終わりになりました。藤井さんは名門でもあり、京都の高級品の世界を引っ張っておられる存在でもあります。じっさいに、訪問着などのレベルの高いクラスのものは、拝見してもしばらく目が離せないほどの逸品がございます。長く取引を願っていまして、その魅力はみなさまもいくぶんかは味わっていただけたかとおもいます。藤井さんの製品はまだ在庫がございますので、楽しみにしていただけるのではないかとおもいます。この帯地は重い柄で、私が求めました帯地の中でもごく高い帯地でございます。¥98,000、-(別税)でお願いいたします。

連休中もみなさまにホームページに訪れていただき感謝申し上げます。わたしは連休中は主に家の中のこまごまとしたかたずけなどで時がたってしまいました。でも連休中でもお客様にお越しいただき、楽しい時間を持たせていただきました。毎日百人くらいのお客様方がホームページを訪れていただいています。わたしの考え方は、二世代ほど前の呉服屋のありようでございますから、時代に添っていないことは自分でもわかっております。でも、たきちのお客様はいまでも着物だけで生活なさっておられる方もあり、もうわずかの日々ですから自分の信条をさいごまで守って終わりたいと思っています。わたしは製造からきものの業界に入っていますので、ものを作る人の気持ちはよくわかっています。同時に製造原価もおおよそはわかります。ですから、高すぎる値段にはとても反発をいたします。作る段階から暴利をむさぼることは大きな目でみてきものの業界にとっていい結果をもたらすとは思えないからです。わたしは業界が姿勢を正せばまだまだきものはたいへんな需要を持っていることを感じます。でも、いまの業界のありかたは、買ってもらわないために努力をしているように感じます。まず、価格を適正にして、お客様の信頼を取り戻さないと明日は暗いように思います。灯篭の斧ですが、みなさまとともに60年の歳月を過ごしてきたことに感謝いたしております。