700番、まことさんスクイ八寸名古屋Ⅱ点

 

 

 

 

 

まことさんのスクイです。作っておられる数が少ないものですから、やや入手難です。まことさんにとっては、スクイの帯は大切な品目ではあるでしょうけれど、呉服屋に値切られ、いい仕事は求められ、現実には割に合わない・・・とこぼされるのももっともだとわたしは思っています。とりあえず、まことさんはスクイの帯については誰もが認める第一人者でございましょう。わたしもむかしから欲しい柄があれば必ず求めてまいりました。もっとも、カニの柄はとても魅力があったのですが、ちょっと自信がなくて迷っている間にもう手に入らなくなってなっていました。今年のカワセミの柄は見た瞬間にたきちの帯だ・・・だと感じました。多くのお客様が同感を覚えていただくことと思います。入荷以降、わたしの健康不良で数人の方しかごらんいただいていないのが心残りでございますが、わたしに時間の余裕がなくなってまいりましたので、好んでいただく方にお求めいただきたいと存じます。¥98,000、-(別税)でお願いいたします。上の柄はおしゃれこの上なく、上布にも夏大島や明石ちぢみ、絹の絣のきものなどに合わせてお使いいただきたい一品です。お値段は一緒でございます。

泰生さん九寸手織り夏帯

 

 

 

 

さすがに泰生さんですね、いい感じで織るものです。絽目に織っておられますから単衣にも夏にもお使いいただけます。芯を入れて仕立てる名古屋帯ですが、充分に袋帯くらいの格を備えていると思います。袋帯が近年とても敬遠されるようになりました。軽く使う雰囲気がありませんので、織りを重くした九寸の名古屋帯が中心になってまいりました。手織りが中心になりますので、泰生さんでも河村さんでも織れる数が少なくなってまいりました。特に河村さんのつづれの名古屋はひっ迫している感じです。この帯地は入荷してからご覧いただいた方が数人というかわいそうな状態です。わたしの入院などとぶつかりなにかとうまくまいりませんでした。処分の値段で¥98,000、-(別税)でお願いいたします。特価だと思います。

喜多川平朗・九寸夏帯

 

喜多川さんの帯を織っておられる機屋さんから、3月に譲ってもらっていました。もっともこの柄はいまは喜多川さんのブランドの中には入っていません。いまは、もっと胴のかかった重い夏帯をブランドのために織っておられます。以前はこの柄がブランドとして喜多川さんから発売されていまして、織ってもいいですよ、ただし、ブランドは外しなさい・・・と言われておっています。との言葉でした。一点のみで終わりますが、白に近い生成りのベージュです。夏の紋付や付け下げのための礼装の帯地です。絽や紋紗の格の高い小紋にもお使いいただけます。わたしは単衣だって時と場所をお考えいただき、お使いいただけるのではないかと思っています。重い胴のかかった夏帯は30万くらいいたします。わたしもそこまでは追いかけれませんでした。この帯地は¥98,000、-(別税)でお願いいたします。

菱健・特選付け下げⅡ点。

 

 

 

 

 

菱健のシリーズのうちでもトップの部類の付け下げⅡ点です。みなさま存知のように菱健さんは京都でも名門の老舗の染め屋さんです。若いころ、菱健の染めを扱えるのは誇りでした。いまもってやはり菱健の染めは第一級とおもいます。菱健の染めは板場の仕事でございます。型紙を置いて刷毛で刷り込んで染めてまいります。10色の色を使った染めですと、型紙は10枚必要です。刷り込み、ぼかしと職人の腕の見せ処です。もうすこし軽い付け下げのシリーズがございまして、それはお茶の方々には圧倒的に支持され、地色をかえ、柄も一部追加したり削ったりしながら長く続けさせていただきました。このシリーズは礼装用に考えられていますから、お茶席にもよろしいのですが、上品な礼装のきものとしてお使いいただくのがもっとも生きるかと思います。値段は¥120,000、-(別税)でおねがいいたします。なお、この値段は卸値より安いとかと思います。

白木周生・古浜ちりめん付け下げ

 

 

 

大塚の880gという重い生地にぼかしと刺繍を金加工で上品にまとめた白木の付け下げです。わたしが¥180,000、-でお求めくださいと申し上げていました名品の付け下げです。わたし、健康を害し、これからは今までのようにみなさまのお役に立つことがとてもできないと思います。かりに、たくさんの仕事を引き受けて、入退院を繰り返し、結局みなさまにご迷惑をおかけするのはもっとも悪い選択だとおもいます。そんなで、今年中に在庫を全品処分しなければなりません。その後はアドバイスくらいはさせていただきますが、品物の売買はもういたしません。機屋さんや染屋さん、洗いや仕立てのことは、ご紹介は手軽にさせていただきます。そのようなわけで、これから最後に残った在庫の処分に入らせていただきます。中には値段を申し上げにくい一点もののトップメーカーのものもまだ20点ほどございます。こちらはホームページでのバーゲンはしないつもりだったのですが、あまり時間がございませんのでこのまま進行させていただきます。もう100点余りですので今年中には終われるように思います。値段は見切り処分の価格でございますので、どうぞご参加いただき、お求めください。この付け下げは特価¥98,000、-(税別)でお願いいたします。

松葉亀甲・付け下げ

 

 

淡いモスグリーン地に松葉で亀甲をデザインした上品な付け下げです。地は裾をぼかしにそめてございます。力強い柄ではございませんが、見る人をホッとさせる穏やかな雰囲気がございます。加工は糸目を伏せ手描きで色を挿した本格的な手描き友禅です。エネルギーに充ちた若い方のための付け下げと違い、着る人の奥行きを感じさせるしっとりとした情感のあるきものです。この付け下げは昨年の暮れに間に合うつもりで発注していたのですが、時間がかかりまして染めあがりましたのが1月の末のころでした。今年の秋まで置いておこうと思いしまい込んでいまして、先日発見いたしました。わたしが物忘れが多くなり、このきものも陽の当たる席に置かれませんでした。この染屋さんは手抜きという言葉を知らないような発想の方ですので、作りは頑として生地染め共に一流のつくりでございます。値段は申し上げませんが、型ものと同じくらいの値段でございます。目立たない品の良いきものとしてお手元に置いてやってください。

泰生さん、澤瀉がら名古屋帯

 

 

泰生さんの名古屋帯です。泰生さんは〆切をお願いしてから依頼の帯地です。この柄も〆切りにできたらなお一層すばらしい帯になると思うのですが、予算を大幅にこえますので断念せざるをえません。ごらんいただいてやはり泰生さんの重厚な織に安心と申しますか、信頼を置けると感じられる方が多いと思います。いま、わたしには〆切りを作る力がありません。すこしの値段の違いでしたら頑張って発注するのですが、三割も違うとあきらめざるをえません。また、引き箔の帯地も、発注そのものを断られます。技術的にキズが出すぎて、織ることに踏み切れません・・・というのが現実です。ではなぜ以前はキズもなく引き箔が織れたのか・・・なのですが、もうその言葉は禁句です。口に出しても解決のためには何の役にも立たないのです。職人の質を論じるのは簡単です。でも、織り賃はいくら出しているのでしょうか?また、仕事に見合った正当な価格で売られているのか・・・・も同じレベルで考えあわせなければ全体の姿はみえてきません。ともあれ、このような高度な染色の文化は身に着けて表現していただく方々の感性が衰えたときには退化し滅びます。業界が伝統の上に胡坐をかいて、努力を怠ったことも大きな一つの原因でしょう。とりあえず、この帯地は¥98,000、-(別税)でお願いいたします。