大澤石雄さんの染める藍染め江戸小紋

藍染めはみなさまいろんな機会にお聞きになられたことと思います。この藍は阿波の佐藤さんの蒅を使っておられますが、灰汁建てともうします、樫やテーチギ、シャリンバイなど堅い木を燃やした灰(アルカリ性)でを発酵を制御する方法で藍を建てておられます。わたしが大澤さんにお目にかかったのは、もう40年ほど前のことです。江戸小紋を藍染めで染める人がいる・・・という人があり、そのようなことは不可能です。いい加減なことを言って・・・としかりつけましたところ、では、自分でごらんなさい・・・と案内されたのが初めてでした。江戸小紋はもち米で作る糊を型紙の上から棒でしごいて柄の部分を防染し、その上から染料を載せて蒸して色を定着させ、水洗いをして完成です。(手捺染と呼ぶ染め方です。)藍染めは、一度や二度では生葉染めのような薄い色にしか染まりません。写真でご覧いただくような深い藍の色は20回以上、藍甕に浸けては乾かす作業を繰り返さないと発色しません。もち米の糊では藍甕に2回くらいが限度で、糊は落ちてしまいます。わたしはやや意地悪な見方で大澤さんにおめにかかりました。結論を申し上げますと、たいへん立派な努力家でした。お話を聞いて膝を打つ思いでした。糊を何十通り試作し、どうしてもうまくゆきません。最後にゴム糸目のための糊を使ってみて初めて成功の道が開けたようです。専門的にすぎますので、この辺で端折りますが、一派を立てるほどの方だな・・・ととても強い印象を受けました。埼玉県三郷の方でございます。

紗袷

 

紗袷(しゃあわせ)は絽の軽い生地に訪問着の柄を描き、上から薄い紗の生地を置いて二枚で一枚のきものにつくります。絽は丹後であったり五泉であったりいたしますが、上の紗の生地は新潟の五泉で織ります。夏物のようにお思いになられるかもしれませんが、単衣のためのおきものです。なんとも贅沢な・・・・というのが実感ですね。それだけにどのような席に着てゆくの?と質問を受けたりいたします。お求めいただいた多くの方は単衣の付け下げや訪問着より優雅で、格も高い感じがします。夏帯を合わせて、素敵なきものになります・・・と話してくださいます。時と場所を得ますと他に代わるもののないほど魅力的な着物だと思います。紗袷は昔から仕立て代が高いきものとしてしられています。絽の訪問着と紗の無地のきものを縫って、合わせてまいりますから、訪問着と無地の二枚分の仕立て代がかかるのです。最近は洗いの技術が進歩して、解いて洗い張り仕立て替えよりも洗いのほうがコストが低いので、紗袷も二枚を合わせて同時に縫う、四つに縫う方式になり、すこしコストが下がりました。この紗袷は、仕立て上がり、税込み¥50,000、‐でお求めいただきたいとおもいます。わたしも自分の年を考え、整理をしてまいらなければなりません。原価の問題ではないのです。

訪問着類はまだ二十点ちかくあるのですが、ちょっとお休みにさせていただきます。あたらしい品物もご覧いただきたいのですが、お預かりして、仕立て替えなどの仕事が山のようにたまっていまして、こちらも夢に出るくらいむずかしい仕事のものがあります。若い時のように一日で十点くらい整理するなんてとても無理ですし、今は一点一点をいいきものにしてゆこうと思いますから、なおさら慎重にもなります。すこしペースを落としてじっくりと仕事をしてゆきたいと思っています。

縦絽・麦の柄単衣訪問着

縦絽は本来、夏の季節のための白生地です。涼感があり、単衣にも使えるように縦糸抜きともに撚糸を強くし、27中くらいの糸でおりますと、目方が付き、厚みが生まれ、単衣のためのシャリっとした肌さわりの良い生地になります。紗や三本の絽のように透けませんし、着心地の良い単衣のための季節のきものになります。そのような設計をしていますので、この着物は7月8月の夏の季節ではなく、6月9月の単衣のための訪問着です。お召しいただける季節が限られていますのと、すこし粋なおしゃれな感じですので今日まで私の手元にとどまっていました。作りは達染工のものですから、一流品です。麦の穂のさわやかな季節感が表現されています。お召しいただく機会がないではないか・・・といわれますと返す言葉がないのですが、芸事をなさっておられる方で、着てみようではないか・・・と思っていただけますと、このきものも生きると思います。¥50,000(別税)でおねがいいたします。

色紙柄京友禅訪問着

この訪問着は手描き京友禅の訪問着です。穏やかな彩色の品の良い一品です。わたし個人としては、とても評価しているのですが、個性が少ないのでしょうか、今日まで私のところで番頭を勤めています。友禅そのものはいい仕事をしています。最近はこのような丁寧な仕事をする染め屋さんは珍しいとおもいます。¥50,000、-(別税)でおねがいいたします。

最近はたきちの在庫の整理の記事ばかりで、退屈・・・と思っていらっしゃる方も多いかと存じます。私自身も皆様には申し訳ないおもいもございますが、このようなこともやはり必要なことでございまして、ご容赦願います。もっとも、値段はたきちの原価の半額以下や三割くらいなどと格安に設定してございます。このような着物を必要としていただく方もございます。しばらくご辛抱ください。もっとも、魅力的な品物の引き合いもいろいろありまして、値段の交渉も進んでいます。どうぞ楽しみにしていただきたいと思います。

千地さん付け下げ

千地さんのお父さんは著名な仏師の方です。息子さんは染色の道に進まれましたが、お父さんの影響を強く受けておられます。八掛の地紋が天女であったり、テーマも抑制されていて、華美を謳った感じはありません。一つの世界でしょうか。わたしはなによりも仕事の素晴らしさに魅了されました。糸目も彩色も見事・・・とおもいます。このきものは、裾の横段に特徴があり、強い個性を感じます。作家もの・・・と言われるきものは、多かれ少なかれこのような個性を打ち出しておられます。身丈を大きくとっておられ、裾の柄を縫い込んでも、身丈は充分なのですが、裾の横段はこの作家さんの命のようにも思いますので、切ってしまうこともできず、今日になりました。値段は¥50,000、-(別税)でお願いいたします。私の原価の数分の一ですが、できれば裾の柄を生かしてお召しいただければ・・・と望んでいます。

ボカシに吹き寄せ刺繍付け下げ

このぼかしに刺繍の付け下げは、十数色(ブルー、若草、ベージュなどの濃淡)作りましたシリーズの一枚です。刺繍は京都の竹屋町、生地は変わり無地に八掛は精華の重めです。刺繍は吹き寄せで、刺繍は特別に凝ったものではありませんが、昨年、この刺繡を別生地で再現してもらいましたが、とても高くなっているのにおどろきました。この付け下げを作りました目的は、お茶着としてです。お稽古にはすぎますが、お茶会におめしいただける紋付の上の格を目指しました。また、控えめの礼装として、出すぎない付け下げを作りたいと考えての作品です。刺繍はアップでご覧いただけると思いますが、さすがに竹屋町です。ベテランの手ですね。¥50,000、-(別税)でお願いいたします。

童子付け下げ

この付け下げは丹後の生産です。京都と丹後に工房を持ち、いまはもう存在していませんが、すばらしい付け下げや訪問着を作っておいででした。友禅の技術はすばらしいものがあります。童子の部分に限らず、袖の柄の枝ぶりや糸目の糊も技術的には素晴らしいと思います。わたしも地色の癖のある色に一瞬ためらったのですが、友禅の技量にほれ込んで求めたことを覚えています。生地も梨地ですが、いい糸をつかっておられます。どうぞきもの好きの方で、観劇やパーテイーなどの席に着ていただける方がございましたらお求めください。¥50,000、-(別税)でお願いいたします。品物は一流です。