小千谷・麻の長じゅばん、(絽目と平)

小千谷の麻襦袢をごらんください。ことしは絽目の麻じゅばんは5反、平織りの麻襦袢も5反求めてございます。たぶん、シーズンに入りますと、昨年同様、品不足になるとおもいます。機屋さんの事情など聞くのですが、生産量の増加は見込めません。人件費の増加分が吸収できないのが実情のようです。一般的に苧麻のものはとても難しい時に差し掛かっているように思います。¥29,000、(税別)でお願いいたします。

小千谷・麻の無地きもの地

季節感も年々変わり、6月でも夏物をお召しになる方が多くなりました。とくに長じゅばんは天然繊維が好まれるようになり、お茶の方でも6月には絽の長じゅばんや麻の長じゅばんを使われます。ご覧いただいているちぢみの小千谷は、8色織っておられるのですが、男性用がおおく、女性にお召しいただける色は、もう一色、ベージュを含めて4色でした。小千谷は、品物は信頼できますし、わたしは大好きなな産地なのですが、過剰な設備投資はなさいません堅実な経営です。昨年も麻の長じゅばんが入らず、とても困りました。今年も、たぶん追加の注文はむずかしいのでは・・・と思っています。三色ですが、お気に召す色がございましたらできるだけ早めにご注文ください。¥32,000、-(税別)でおねがいいたします。

丹後の生地、ぼかし帯揚げ

丹後の生地を使った帯揚げは、中国の帯揚げとはまったく質がちがいます。また、染めも地紋に沿ってぼかし加工を入れるなど、手のかかった上質な帯揚げです。色が多くなく、ごらんいただいた色数でした。¥5,500、-(税別)でお願いします。(まだ15,000の値段がついています)

つづれの糸で組む、ゆるぎの帯〆

ときどきご覧いただいています帯〆です。もともと綴れの機屋さんがサービスで組んでわたしたちに分けてもらっていたのですが、最近は、人手不足で帯〆までは手が回らないといわれるのですが、長いお付き合いですので、色を指定してお願いすると組んでくださいます。ご覧いただきますように、淡い色を多くご注文いただきます。この帯〆を扱うようになってから、伊賀の組みひももまったくご注文がなくなりました。綴れの糸の魅力だと思います。わたし、実家が綴れを織っていましたので、糸の特性はよくわかっています。この帯〆も、汚れた時、石鹸をつけて洗っていただけます。それだけ頑丈な性質をもっているのです。お相撲さんのまわしは綴れで織るのですが、酷使に耐える織物で、品質は抜群です。色を指定していただきますと、1か月くらいで組んでもらえます。能登でくんでおられるように聞きます。どうぞお好きな色をご注文ください。¥9,800、-(別税)でお願いいたします。

絹と麻の長じゅばん

先日、ふと見かけた絹と麻の長じゅばん地がとても気になり、一反求めてみました。水を通して伸縮度や生地としての腰などいろいろテストをしてみました。伸縮度はゼロに近く、風合いも全く変化がありませんでした。どこで織っているのか気になり、問い合わせてみたのですが、ちりめんを織る織機ではうまくいかず、結局アパレルの生地を織る技術でないと製品化できませんでした・・・との報告を受けました。丹後や小松ではなく、洋服地を織る産地なのだと思います。いつも、新しいものに出会いますとまず、家内が試着をして、それからお客様にお求めいただくのですが、家内が普段にきものが着れませんので、証明なしでお客様方に申し上げることになりました。この生地ですと、麻のように突っ張ることがありませんので、麻のきものにも絽や紗などのちりめんの夏のきものにもおめしいただけます。アパレルの特徴で、斜めに伸縮性があります。体の動きに沿ってくれますが、長い歴史を持つ、丹後や五泉の白生地の、腰の強さはありません。でも、麻の長じゅばんがあまりにも高くなりましたので、このような生地も皆様にとっては一つの戦力になってくれると思います。ご一考ください。¥19,000、-(税別)でお願いいたします。

洗濯機で洗える正絹絽の長じゅばん

五泉の絽の長じゅばんを4点だけお求めいただけます。目方は着物の重さで570gです。着物としてはすこし軽めで、長じゅばんとしては重すぎるくらいの目方です。ただ、お茶をなさる方など、日常にお使いになられる方々にとっては、洗濯機で半襟をつけたままネットに入れて洗えることは、とても重宝な存在だとおもいます。生地も頑丈ですから単衣の時期と夏と酷使していただいても数年間は大丈夫です。ただ、このような生地を求めれる機会がとても少なくなってまいりました。生意気にもお求めいただけます・・・などといった表現になってしまいました。¥12,000、-(税別)でお求めください。

逸品きもの3点

この3点は、また別な買い継ぎの作られたものです。左端の絞りは大胆な構図ですが、朱の色もよく、一目見て魅力を感じました。わたしなら・・・・と思われる方がいらっしゃいましたらどうぞお召しください。パーテイーの席などでは、訪問着よりはるかに効果を発揮するきものになりますよ。もっとも、きものの身幅を考えますと、6割くらいしか柄が出ません。ご覧になっておられるよりおとなしい着物になると思います。¥58,000、-(別税)でお願いいたします。安いと思います。

中央のネコの柄は、猫の柄の地紋を、生地から開発して、地紋を蝋で伏せ、引き染を施した加工です。担当は若い、私には孫のような若い男性ですが、一反づつ地色を変え、縦ボカシを入れたり、てのかかった仕事をしていました。とても自信を持っていて、少しづつしか作れませんが、意外性があり、専門店では評価してもらっています・・・とのことでした。孫の熱意にほだされて・・・なのですが、わたしが作ったらいくらかな?と自問してみたのですが、この猫の柄の地紋の生地の開発だけでも、わたしにはとてもできません。珍品として評価していただきたいと思います。¥90,000、-(別税)でお願いいたします。

右端のきもの地は、夏の小千谷のちぢみの生地に友禅のとても風雅なきものです。染め、生地ともに一流と申しあげれます。若い方からご年配の方まで、幅広くお召しただけます。¥96,000、-(別税)でお願いいたします。

今年はわたしがし残したことなどを少しづつ手がけてゆきたいと思っています。3月の末のころには、単衣、夏の帯として、まことさん、捨松、さらに、独立して綾竹の機で、手組みしている職人のものなど、ごらんいただけます。いましばらくお待ちください。