羽裏の値段につきまして。

最後の半年で、値上げをお願いしなければならないのは残念なことですが、品物を落とさないで仕立ててゆこうとおもいますと、値上げをお願いしなければなりません。いままでたきちでは普通の羽裏の生地では軽すぎますので、友禅の長じゅばんの生地を羽裏に使っていました。在庫がなくなりましたので注文しましたら、同じものがこのたび八割ほど高くなっていました。いままでのわたしの原価よりはるかに高いのです。このたび申し訳ないのですが、¥14,500、-でお願いしなければなりません。生地も染めも国内の一流品です。長じゅばんになりますと35,000円くらいいたします。よろしくお願いいたします。

わたしは60年以上呉服に携わってまいりました。京都在住がが長かったので、作り方や原価は肌身に染みてわかっています。最近のメーカーや買い継ぎの動きを見ていまして、しみじみと大きな時代の変化を感じます。買い継ぎでも、染屋や機屋を育てて、いいものを継続して作ってくれるように責任をもって業界をリードしようとしているところもたくさんあります。でも多くのメーカーや問屋は利益中心主義と申しますか、利益を上げることに狂奔しているのが実情です。問屋の委託販売は悪しき商習慣だとおもいます。借りるということは、値段の交渉権を放棄するわけですから、商人の責任を放棄し誇りを捨てることです。わたしたちは皆さまがお勤めで給料を得られるように、経営を続けることが出来るだけの利潤は頂戴しなければ仕事そのものが成り立ちません。でも、公正にみて高い値段にならないように、生産者にも厳しく、自分にも厳しくなければなりません。それはわたしたちの誇りでもあります。でもこんなことを業界の中で申しますと腹を抱えて笑われます。みなさまの中にも、そんなことは美名に隠れたいだけのことではないの?と思われる方もあるかもしれません。皆様が商人をを育て、育てていただいた商人が次の時代のお客様にものの作り方や、適正な値段の見極め方をお伝えする・・・ようなことの積み重ねが何世代もあっての高度な職人の技術が伝えられ継続できるのです。ネットで伝えれることなんて、頭の単なる知識に過ぎません。もっとも大切なことは解説書でもネットででも伝えれるものではないように思います。連休中におしゃべりがすぎました。

小千谷、紅梅の綿麻ゆかた地

小千谷の綿麻ゆかた地が一点残っておりました。この生地は写真をご覧いただきましたように、紅梅に織られておます。紅梅は四つともよびます。薄い紗のような生地では浴衣でも生地が弱く、少し太い糸を縦横にまばらに入れ、強度を保ちます。絹素材で織りますと、絹紅梅と呼んでいます。(絹四つとも申しております)この生地は綿と麻の交織です。浴衣の上級品でございます。絹で織ります紅梅が、よそ行きの浴衣といたしますと、綿麻の紅梅は絹紅梅とあまり変わらないのですが、普段にも浴衣としてお召しになる方もおいでです。長じゅばんなしでも浴衣としてお召しいただけます。この下に、今は生産されていないと思いますが、綿の細糸の紅梅も以前はございました。きものが日常の衣料であった時代は、コストと着心地と目的がそれぞれ明確でした。ゆかたは家庭着であり、外出時には長じゅばんを着なければ失礼な先には絹の紅梅、それほどでもない場合は、麻であったり綿麻であったりでした。その中で紅梅織りはすこし高級品でした。いまは長じゅばんを着ない浴衣が数万円もするものがあるのですが、それは単に値段が高いということでございます。浴衣は家庭着であった時代がございました。いまもそのように・・・と申し上げているのではなく、いまでもそのルールが生きている世界もあります。わかいお嬢様方が浴衣で花火見物のテレビを拝見します。それはうれしいことですし、拝見していてほほえましいとおもいますが、時と場合がございます。年老いた爺さんの余分なおせっかいですが、わたしが伺う先様では、そのような話題が結構ございます。「このような先に、このような目的で伺うのだが、どのようなきものにどのような帯で伺おうか・・・?」電話でお訊ねの場合もあります。一片の知識としてご記憶いただければさいわいです。この紅梅浴衣地は¥35,000、-(別税)でお願いいたします。

織楽浅野の単衣、夏のための名古屋帯

織楽浅野さんは評判も良く、求めますとすぐ売れる帯です。たしかに礼装から普段着まで、また、染めのものにも織のものにも、広い範囲にお使いいただけます。織は浅野さんの一族の流れですから、間違いはありませんし、九寸に織られていますから芯を入れてのお仕立てになるのですが、本来は準礼装のおきものに合わせて考えられています。単衣や絽の紋付の無地から、格調の高い小紋、軽い付け下げなどを中心に合わせていただきたいのですが、粋紗や越後の絹の絣りなどにも十分にお使いいただけるさりげなさがあります。金糸がわずかしか使ってありませんから、権威的な雰囲気がない・・・のが範囲広くお使いいただけるもとになっているようにおもいます。値段が高いのが欠点ですが、織の確かさが補ってくれていると思います。¥76,000、-(別税)でお願いいたします。

小千谷ちゞみに友禅

小千谷ちゞみは7月8月のきものなのですが、最近は6月から9月までお召しになられます。礼装にはなりませんし、お茶会にもちょっと使いつらいです。でも、お茶などを含めて、お稽古着としては夏のきものとしてはこの上ない着心地があり、ご愛用いただいています。皆様のご利用のお話を聞きますと、やはり外出の時のおしゃれなきものとしてお考えになっておられるようにおもいます。あるお客様は、用事で銀座にでかけたときなど、周りの方々が暑そうにハンカチをお使いなのが不思議に思えるほど、涼しく快適でした・・・と話されていました。もっとも、長じゅばんも麻、肌襦袢も麻・・・すから、ひと昔まえの夏の装いではいらっしゃいましたが・・・わたしは子供のころから、小千谷の麻はなじみのきものでしたので、夏になるとひんやりとした苧麻の感触は快いものとの記憶があります。苧麻の産地は、日本では小千谷と近江と二つです。近江も最近は紡績の技術が発達して、麻の長じゅばんもきものも柔らかく改善されていますが、すこし前までは、はっきりと製品に差がありました。小千谷では、長じゅばんは紋のものは生産が無くなりましたが、近江ではまだ生産しておられます。いつまで継続なされるのかわかりませんが、紋の麻の長じゅばんをお望みの方は、近江の麻を求めていただきたいとおもいます。苧麻は値段も高く、特に小千谷のちゞみは手がかかっていますので、白生地の状態でもたかいものです。でも、ご家庭で洗えますし、お召しになられての快適さ、二世代はお召しになれる丈夫さ・・・など考慮に入れていただきますとけっして高いとは言えないと思います。この小千谷の染め物は、わたしが柄を好んで注文で染めました。東京染めです。麻の染色は難しいのですがさすが専門です。上手に染めておられます。昨年染めてもらいましたので、在庫処分をしなければならないのですが、柄もよく、わたしの大好きながらでもございます。¥68,000、-(別税)でお願いしたいのです。

小千谷、麻マンガン

小千谷ちゞみのきものをごらんください。白絣りの小千谷ちゞみとしてしられるながい歴史の織物です。小千谷の白絣りの代役として抜染の木綿の白絣りがたくさんおられた時代があったくらい、小千谷の白絣りは着心地がよく、普段着の高級品として有名でした。くくりで絣を出しているのではなく、抜染での絣りの柄なのですが、小千谷地ゞみの生地の特長を生かして絣の柄も楽しんでいただけます。小千谷には樋口さんという作家の工房もあり、縦絣りだっととおいますが、絣りを正規の方法で織っておられます。この白絣とそんなに値段も違いません。樋口さんの作品もデパートなどで探してみてください。この白絣りはずいぶん愛用いただきまして、みなさまいまも楽しんでおめしいただいています。家内もいつもきものでしたが、この絣りは着心地がよく、手放せない夏のきものです・・・といまも申します。この柄は空を飛ぶ鶴のデザインで、生成りの色であったり、白であったり、紺の地色のたんものもお求めいただきました。ちゞみですので体に密着せず、涼しさの生まれるおおきな原因です。ご自宅で押し洗いで洗っていただき(洗濯機で洗っていただいてもだいじょうぶです)陰干しでほぼ乾いたころ畳んで、座布団などを上に乗せていただき、整えます。アイロンをかけますとちゞみが伸びてしまいますので、アイロンはかけないでください。この工房もいまは織られなくなり、他の工房のものを見かけることはありますが、着心地で今日まで評価された素材のきものは、普段にお召しにならなくなった時点で、主役の座から降りるのも致し方ない・・・と思います。この反物は在庫ですので、¥45,000、-(別税)でおねがいいたします。

シースルーコート

西陣の薄お召しで織られたシースルーコートです。スリーシーズンコートとして4月ころから11月くらいまでみなさまお召しになられます。雨コートのお役には立ちませんが、裾近くまでの身丈になされまして、ちりよけとしてよくお使いいただいています。このコートがつかいやすいと、中には3代め4代目くらい愛用いただいているかたもございます。ただいまも製造いたしておりまして、色、柄もそろっています。今年中でしたら、ご注文いただければ整えることもできます。この柄のみ在庫でございますので、¥34,000、-(別税)でおねがいいたします。余談でございますが、この品物は織りだした頃は、わたしが29,000、-でお求めいただきました。最近は48,000、-になり、もっと高くなります・・・と言われています。わたしはこのような日常にお使いいただく良質の必需品は、安価で消耗品としてお求めいただける価格でないと・・・存在理由がないではないかと思います。

絹レースⅡ

絹のレース2つをご覧ください。両方、中国製だと聞いています。日本で作ると高くつきますので、伊と幸さんが関与して、中国で作りました・・・と聞きました。伊と幸さんの日本製と比べますとすこし違う・・・とおもいます。柔らかさが違いますが、実用的にはまったく差はないとおもいます。伊と幸さんのほうは私が98,000、-で中国製が48,000、-でした。伊と幸さんの国内産に比べて、おおよそ半額なのですが、それほどの差はわたしはないとおもいます。こちら、二点とも¥10,000、-(別税)でおねがいいたします。どうぞご利用ください。