パレス地、ウオッシャブルの絹の長じゅばん

裾回しの軽めの生地の長じゅばんです。織キズが出来、長じゅばんの柄に染められず、私のところに回ってきました。織キズともうしましても、長じゅばんになさるのに支障はございません。1尺幅と1尺5分幅の二種類ございますが、それぞれ4反づつですので、数はごく少ないです。壺金の長じゅばん生地よりすこし軽めです。精華(パレス)の織り方は、裾回しに使いますから、細い糸で強い撚りをかけて打ち込んで織ります。薄地で強く、サラサラと滑りがいいのが特長です。綸子の長じゅばんの柔らかい、肌に添うような感じがする生地と反対の性格を持っています。たとえば、大島のような薄地のさばきのいいきもの等にはよく添ってくれます。最近の小紋や付け下げなどは、腰のある変わり無地が多く使われていますから、添いはいいとおもいますが、むかしの一越や古浜ちりめんなどには、やわらかなまとわりつくような生地の長じゅばんがよく添うとおもいます。1尺5分の生地は男物の長じゅばんの柄に染める生地だったそうです。8反でございますが¥14,000、-(別税)でおねがいいたします。

今年は正月以来、機屋さんや産地の買い継ぎの方々が何社も新しく飛び込みで見えていました。わたしにとっては貴重なそれぞれの産地の情報源ですのでみなさまの話をじっくりとお聞きします。ある紬の産地の買い継ぎの方の話では、全国の展示会の予定がびっちりと詰まっていまして・・・・と言われ、わたしのような買い取りの方のことはそんなに重点を置いていない・・・とのことです。機屋さん方も、そのような展示会の予定に沿って生産をしていますから、そのようなやりかたで今年も企画が進行しています・・・とのことです。品物だけが委託で日本全国を転がされ、少しづつ消化されてゆく・・・そんな販売形態がことしもつづくようです。個性的な手作りのものは流通に乗りませんからますます売れなくなり、次々に姿を消すようになります。ごく自然なことですね。時の流れでございましょうか。

浜4丈、河藤変わり無地

 

 

わたしは丹後の生まれですので、近江長浜はよくは知りません。ただ、昔から留袖、訪問着などは浜の生地が染め味、着心地、生地の持つ厚みのような味わいが好まれ、最上の生地として評価されてまいりました。丹後のものに比べて少し割高でしたし、いまも高いです。長浜では、この河藤、南久などがトップメーカーといわれてきました。最近、業界通といわれる買い継ぎの方の話として、1社か2社を残して、他は生産を中止なさるのではないか・・・といわれます。生産量が激減していて機屋としての経営が成り立たない状態のようです。丹後もあまり変わらない状態なのですが、長浜はもともと生産量が少なかったですから、月に500反を割り込みますと赤字経営に陥るようです。たぶん最盛期の10分の1以下になっているのだと思います。古浜ちりめんとして知られた太いしぼのおもい風呂敷のようなちりめん生地もまもなく生産されなくなる様子です。また、八掛生地を一緒に織った、4丈ものも織られなくなり、3丈ものしか生産されなくなるといわれます。写真の生地は、ご注文いただき、問い合わせましたら4丈のAB反が4反ありましたので求めたうちの1反です。無地の紋付用に3反ご注文いただいておりますので、1反のみでございます。¥52,000、-(別税)でおねがいいたします。無地の紋付用ばかりでなく訪問着の柄下としてとてもいい生地でございます。

今年に入りまして、ホームページはあまりアップしないつもりでおりました。ご注文いただいたもののみを求めて、としよりらしくつつましく・・・とおもっていましたが、まいにちたくさんの方がホームページにおとずれていただきますと、なんともいえないうれしさがございまして、最低の数ではございましてもご覧いただきたい・・・とおもうようになりました。以前のように魅力を感じた品物はどんどん求めて・・・ということはいたしませんが、古い価値観の呉服屋として、わたしのきものの世界をもうすこしご覧いただきたい・・・と思います。

スクイ、桜の柄名古屋

 

 

柄を注文して織ってもらって昨年末に届いていたのですが、わたしが忘れておりました、珍しい桜の柄のスクイです。頼んでいました買い継ぎの人が先日別の桜の柄をお持ちいただいて、ようやく思い出していました。じぶんでも”もう年だな”と思うことがつぎつぎと起こります。仕事のことはまだボケが少ない方で、日常のことはずいぶんボケてまいりました。なんとか今年中はしっかりとしたいと心から思っています。しかし、この帯地はいい柄ですし織も確かでございます。つづれほど神経を使わないで織れますから、同じ手織りでも職人の方は気が楽ではあろうと思います。爪ではなく櫛を使って糸を寄せているのですが、織り手によってずいぶん上がりに違いが出来ます。同じプロなのですが、先日ご覧いただいたまことさんのカワセミ一羽の部分のほうが手がかかっているかもしれません。でも、わたしはこのような手織りの名古屋が安く提供され続けてほしいと思います。お締めいただきますと、織機の帯との違いがお分かりいただけると思っています。¥69,000、-(別税)でお願いいたします。

 

 

藤田さん、ドット名古屋帯

 

 

 

グリーンの色が再現できません。もっと張りのある若々しいグリーンなのですが、この写真では色が死んでいます。もし興味を持たれた方があればどうぞ手に取ってごらんください。この地色を拝見したとき、どうしてもたきちの商品にしたい・・・とおもいました。また、このドットの織り方もわたしは初めて拝見しました。夏大島や夏結城、小千谷の麻の絣りなどにお締めいただきたいとおもいます。白の絣りにはとくに鮮やかな取り合わせのように感じます。いつまでもたきちのところにいたのではかわいそうですが、すぐに嫁に行っては心に残るようにも思います。わたしはこの帯地に携わる業者としてはもっとも端のほうに遠慮がちにかしこまっている存在なのですが、気に入られなければ売ってもらえない・・・なんて変わったルールのなかで手に入れています。値段はみなさまたきちのあり方を疑われるかもしれませんが、この帯のネットワークのなかでは、とても安いですともうしあげれます。あまり値段のことはお考えいただかないで、お楽しみいただければ幸いです。¥270,000(別税)でおねがいいたします。

藤田さんドット名古屋帯

 

 

年間に数点、もしかすると2点か3点。それくらいしか求めることが出来ません。この機屋さんのこのドットの帯は、たきちのお客様の間でも評価が高く、好みの柄があれば・・・とお待ちいただいているのですが、なにしろ高価ですので私が買い切れないのです。でも、わたしの倍以上で売っておられるところの方がたくさん売れています。わたしはうらやましいとは思いませんが、ますます値段の交渉が出来なくなるのがつらいです。現実にはこのような帯を値切ることの方がおかしいと言われればその通りでもあります。どのように織っておられるのか、織上がりからいろいろ想像するのですが、まったくわかりません。また、同じものが二つとは織れませんので値段も本来は比較もできないのです。面白いことに、緯は苧麻の生皮を使っておられます。夏帯だけなのですが、そんな難しいことをなんで好んで・・・とおもいます。でもそれが藤田さんなのです。¥160,000、-でおもとめください。他にも求めたのですが、あまりにも高いので不機嫌になってしまいましたら、この一点のみ安くしてもらいました。高い帯は後刻アップさせていただきます。

河村つづれさんの絽つづれ九寸名古屋帯

 

 

 

河村さんの絽つづれの九寸名古屋帯をご覧ください。河村さんはこのままで袋帯に織ったりもなさっておられました。最近は名古屋帯が主流です。芯をいれてのお仕立てになりますが、最礼装の帯としてお考え下さい。単衣や絽の訪問着、付け下げ、無地の紋付に対応いたします。格調の高い小紋にもお使いいただけます。おしゃれな小紋や紬には残念ながらご遠慮いただきたいとおもいます。生の経糸を使っていますから、昔ながらの絽つづれの作り方で織っておられます。以前は私の実家の、堀川通りを挟んだ向かい側で織っておられ、わたしも若いころ教えてもらいに伺ったことがございます。玄琢の本社も処分なされ、技術保存を中心に小さな機屋として頑張っておられます。西陣の中心的な存在であり、トップメーカーとして存在し続けていただきたいと思います。¥90,000、-(別税)でお願いいたします。私個人の感想ですが、18万くらいでお求めいただけるようになりましたら、西陣は甦るとおもいます。

 

 

 

泰生さん、手織り九寸、単衣、夏帯

 

 

 

 

泰生さんの手織りの単衣、夏の季節のための名古屋帯です。泰生さんをはじめ、まことさんにしても捨松さんも藤田さんにしても、この辺は日本のトップの帯のメーカーであることは皆様もご存知のこととおもいます。九寸に織られていますから、芯を入れてお仕立てになります。絽の付け下げにもお締めいただける格を持った名古屋帯です。単衣や絽の紋付、また、単衣の小紋や絽や紗の飛び柄の格調の高い小紋などにもお使いいただけるとおもいます。袋帯から名古屋へとみなさまのお好みが変わりつつある中で、袋帯の重さをもった名古屋帯をどのように作ってゆくのか・・・織機でも懸命に作っておられる機屋さんもおいでです。また、この帯のような深い味わいを持った帯を一点づつ作ってゆくのも一つの方法でしょう。織機でいい織りの名古屋を織っておられるのと値段に違いはございません。こちらは職人の手間は高いのですが設備投資がございません。それぞれに自分の得意とする世界でベストをつくしてものつくりをしておられます。この帯地は¥110,000、-(別税)でお願いいたします。