国産糸を使った白長じゅばん

 

たきちのホームページに毎日100人近い方がアクセスしていただいています。たくさんの方にご来店いただいて、心から感謝いたしております。皆様にとって魅力のある品物を提供させていただきたいと念願しています。60余年、きものの中に生きてまいりまして、自分の経験上、いまほど魅力的なものが作られなくなっている時代はないと思います。先週も壽光さんが廃業なさいました。染め屋さんも機屋さんも意欲的な作品を作ることを避けて、もっとも平均的な無難な作品でお茶を濁したい・・・・のが本音なのだと思います。たきちとしては、自分でものを作らなければ魅力的なものをご覧いただけない・・・と思っています。もう一つ、倒産にともなう入札の安い商品を扱うのも魅力的な方法だと思います。幸いわたしの京都時代の人脈があり、商社や京都のブローカーから情報と商品が流れてまいります。このような二本立てで、皆様に見ていただいても恥ずかしくない品物を用意したいと思っています。

今日ご覧いただきますのは、国産糸で織った長じゅばんです。織は丹後で、機屋さんもしっかりしていますから、品質は大丈夫です。糸はわたしにも国産糸かどうかはわかりませんが、発売元も信頼でき、¥98,000、-で売られているのですから、信じてもいいのでは…と思います。(ネットでお調べいただきますと、その値段で売られています。)みなさま、国産生糸と申しますと、高くて高品質…と連想なさるかもしれません。でも、どの国の生糸であれ、良質の糸と粗悪な質の生糸が出来るのは当然のことです。日本でも柞蚕糸がありますし、ブラジルの上質な糸は日本に来ないで、ヨーロッパの絹のドレスの製造に流れています。ですから、信頼はできるが、そんなに宝物・・・のようには見ないでいただきたいと思います。目方は580gと、長じゅばんには理想的な重さです。ウオッシャブルにできるかどうかほテストしていません。織は紋意匠の機にかかっていますから、豪華な織ですが、長じゅばんにはここまでの織りは必要なないと思います。値段は¥19,800、-(別税)でお願いできます。この値段は間違いなく安いです。長じゅばん用に織った丹後の生地の中ではとても高品質だと思います。たぶん半値くらい・・・と申しあげて違わないと思います。20反くらい出たのですが、わたしは3反しか求めませんでした。最近は色や柄の長じゅばんではなく、白の長じゅばんをお使いになる方が多くなっています。どうぞ、長じゅばんの一級品として、一つお求めください。

坂下と鹿子井山田、袋帯

 

 

坂下のスクイ袋帯と鹿の子井山田の袋帯をご覧ください。坂下さんは現在は会社がございません。手織りでスクイを専門に織っておられました。糸、織りともに第一級と評価され、一世を風靡した機屋さんです。同じクラスのスクイを織っておられた機屋さんは他にもいらっしゃいます。小さく堅実に自分の世界を守って今日まで継続しておられるのを拝見すると、分を守ることの大切さを感じます。きものの世界は、自動車を生産するように、同じ規格で大量に生産する発想と反対の立場に立っています。考えさせられます。老人の感慨はさておきまして、鹿の子井山田さんは現役の機屋さんです。いまでもこの柄は織っておいでです。たぶん、十数万円で販売されています。わたしは自分の事情でかってに安くお求めいただきますが、この品物は織上がりが届いていますから、あちこちの展示会を歩き回ったような品物ではございません。坂下、鹿の子井さん両方、¥30,000、-(別税)でお願いいたします。

 

男大島と結城地機

 

 

 

 

男物はみなさまにとってはあまり魅力的な題材ではないかもしれません。産地も男物を専業とする業者も、原価は高くなり値段は通らないのでみなさん苦しんでおいでです。今日はいりました男物は大島と結城の蚊絣りの珍しいものです。最初の二枚の写真は、一幅に100粒の亀甲柄を織りだした泥染めの手織りの大島です。男物を代表する大島ですからみなさまご存知だとおもいます。値段は着物と羽織の二反分(疋ともうします)で¥230,000、-(別税)でお願いいたします。次の二枚の写真は、同じ奄美大島の男物なのですが、こちらはヒトモトという織り方で、産地でももうないかもしれない珍しい織り方の大島です。以前むずかしい説明を産地で聞き、その時は覚えていたのですが、もう忘れてしまいました。ただ、大島の原型のような織り方で、とても手間のかかる織物だと聞きました。拡大鏡で見てみますと、たしかに絣りに織ってありますがちょっと見には縞のように見えます。わたしが産地で勉強した時でも100粒の亀甲の二倍半、3倍近い値段でした。こちらは¥380,000、-(別税)でお願いいたします。最後の三枚の写真は、結城の地機、つまりいざり機の蚊絣りです。以前は国重要無形文化財の割判が押され、工程そのものが、重文と認められた品物です。十年ほど前、ある呉服の販売会社が織機で織った結城を重文と騙って販売し、信頼性が地に落ち、ただいまは地機とのみ表記しています。こちらは蚊が飛んでいるような十字絣りに織られています。亀甲と比べておしゃれな柄ですが蚊絣りは括りも難しく、高い結城として評価されています。この蚊絣りは7年前に織られたと聞きます。あまりに高くついたので、産地で反物に分けられ、一反として売られています。絣の設計は疋でいたしますが、反物に分けて売られるのですね。商札がついているのですが、あまりに高いので私が隠しました。こちらは反物で1,250,000、-(別税)でお願いいたします。

 

川島さんと織悦袋帯

 

 

 

みなさまご存知のように、わたし78歳になります。80歳まで頑張りなさい・・・とはげましていただき、わたしも好きな道ですので頑張ってまいりました。来年の8月までは、約束も致しておりまして、営業をいたしますが、その先のことはただいまではわからない・・・のが実情です。ただ、暖簾は降ろして、個人で小さく、好きなものを扱っていこうか・・・と思っています。あと一年で、在庫を半分以下にしてゆくつもりです。その一環として、今回は袋帯を十点くらい全品¥30,000、-(別税)でお求めいただきたいと思います。先日の菱健のときは、アップいたしまして1~2時間でお電話をいただいたり年寄にはすこしハードな状態になりました。おだやかに運んでいただければありがたいです。川島さんは、なにも申し上げることはございません。定価は330,000、-でございますね。訪問着や留袖、無地の紋付などに予備の帯地として加えていただきましても、値打ちはあるように思います。¥30,000、-(別税)でお願いいたします。もう一本は、織悦の全通の帯地でございます。織悦はいまも織り続けておられる名門の機屋さんです。この帯は全通柄ですので、わたしがもったいないと思って裏地を付けて袋帯に作りました。やはり名古屋のほうがよかったと後でおもいました。今でも名古屋に直せるのですが、無地の紋付や付け下げ、小紋の格の高いものなどにはとてもふさわしい帯だと思います。¥30,000、-(別税)でお願いいたします。

どうだんつつじの塩瀬名古屋

ドウダンツツジ、灯台躑躅、満点星躑躅などとも呼ばれています。4月5月に写真のような花をつけ、秋には紅葉が美しい落葉の低木です。よく生きた染めで、わたしの商品ではないのですが、仕立て上がってまいりますとなお魅力的で、写真を撮らっせていただきました。一枚はたきち好みでご覧いただきますが、あと3枚は、旦那のブログのコーナーでごらんください。

麻ジョーゼットの下着

 

みなさま暑い夏の季節、涼やかな麻の下着はいかがでございましょうか。以前から取り扱っているのですが、最近は多忙に紛れて棚に乗っているだけになっていました。久しぶりに求めてみましたが、小千谷の麻が値上がりが急ですので、値上がりしているかと思っていたのですが、この下着は値上がりはございませんでした。もっとも、アパレルの機にかかっていると思いますから、小千谷とは関係はないのでしょう。この下着に小千谷の麻長じゅばんですと着心地は涼やかでお気に召すと思います。最初に取り扱いましてから10年以上は経つのですが、いまだにダメになったのでもう一枚・・・とは言われません。丈夫なものなのですね。値段はきちっと定価で販売なさっているところから、3割は安く設定しております。代理店を経由せざるを得ませんので、たきちは、送料もでないような有様ですが、なにより快適な下着です。みなさま夏の不愉快を吹き飛ばしてください。肌襦袢が¥6,020、-(別税)裾除けとパッチ式が¥7,700、-(別税)いたします。苧麻の値上がりを考えますと、決して高くはないと思います。

小森さん、新柄袋帯

 

 

 

 

小森さんの袋帯4点、ご覧ください。一点は藤井寛さんの訪問着などに合わせてセットで売られている帯地ですが、小森さんが織っておられるので手に入りました。最初の二点は、右の柄は以前も織っておられました。今回は地色がグッとくる素晴らしい色です。付け下げから小紋まで幅広くお使いいただけますし、フレッシュな感覚です。小森さんは、手機の機屋さんだったのですが、最近は織機でも織っておられます。では、織機の帯が製品として二流になるのだろうか・・・と思って拝見しても、糸遣い、織りともにやはり一流品ではございます。織り手さんがちゃんと機についておられますし、織りの巧緻さはさすが・・・と思います。最初の写真の二点は¥160,000、-(別税)でおねがいいたします。あとの写真の二点は、七宝の糸錦のほうは¥170,000、-(別税)でお願いいたします。藤井寛さんの名前が入った帯地は、¥360,000、‐(別税)でお願いいたします。藤井寛さんは著名な作家さんであり、作品は高く評価されています。藤井さんの作品とセットで売られる帯地を小森さんが制作しておいでです。ふつう、帯が単独で売られることは無いのですが、たまたま・・・と思ってください。たきちも秋に向かって、緊張してものつくりをしてゆかなければなりません。みなさまに楽しんでいただけるよう、老骨に鞭打って・・・それがわたしの生きがいでもございます。