綾竹、手組八寸帯

この帯地は単衣や夏の季節のための帯です。礼装の付け下げや無地の紋付き、飛び柄の小紋などにはあまり合いませんが、一般的な紬や大島、小千谷の紬や夏の麻の染めのものや織のものにはとても締めやすく、無地の地紋だけの帯ですから、きものを選ぶことなく、多くのものに添ってくれます。この帯を制作なさった綾竹さんは帯締めのメーカーとして著名で、帯を組むのは本職ではありません。じっさい、この帯も色違いで二点求めました。すぐお求めいただいたベージュ系の色をもう一点組んでほしいと注文したのですが、断られてしまいました。安すぎたのか確かな理由はわかりませんが、もう手に入れることはできない状況です。でも、このようなことは珍しくもなくて、このような手つくりのものは多くは家内工業的にしかつくれません。この人あの人といった職人の個人の手仕事に負っています。もっと職人の収入を多くして、若い職人が参入してくれるようなシステムを摂らないともっとひどいことになるとおもいます。この帯は女性用ですが、男性用の角帯を組んでもらったとしますと、わたしもいろいろな夏の角帯を持っていますので理解できますが、それはとても安いとおもいます。だいいち、他の産地では作れないと思います。写真ではが正確に再現できませんが、若草色のすこしくすんだ感じの地色とお考えください。¥85,000、-(別税)でおねがいいたします。

麻八寸、かがり帯

西陣の麻帯専門の機屋さんの麻の普段帯です。わたしの若いころは、きものが日常の方が多くいらっしゃいました。単衣から夏の普段着は、久留米絣りなどの木綿や小千谷の麻の織物が中心でした。そのための単衣から夏の季節の普段帯は、半幅帯であったり、このような麻素材や木綿の八寸帯でした。ただいまでは、この帯は主として小千谷の麻のきものに合わせてお使いの方が多いです。浴衣にお使いなされる方もいらっしゃいますが、ゆかたにはもっとカラフルな帯を使われる方がおおいです。わたしは小千谷の織りや染めのきものに合わせて外出用の帯としてお使いいただくといいのでは・・・とお勧めしています。証紙番号1393、宮岸さんの製品ですが、もともと泰生さんの子会社でしたから、品物や織は信頼なさって大丈夫です。また、京七野のブランドでも名を知られています、苧麻の袋帯のメーカーさんです。品の良い単衣から夏の季節の普段帯をしてお使いください。一点のみ残っていました。¥25,000、-(別税)でお願いいたします。

西陣、紗の染め名古屋

この紗の夏帯は、安くで持ち込む人があっていくつか求めました。染め屋もわからず、なんとなく眉唾のような気持ちでいたのですが、お求めいただいて、仕立てましたらとてもいい帯になり、見直した・・・経験があります。紗の糸は生の縦で抜きも生の糸です。そうでなければこの風合いにならないのですが、織もよく、仕立てたときの帯芯との映りもなかなかよろしゅうございます。染めはローケツですが、真面目な作品で、小千谷の麻や絹の夏物、粋紗や場合によっては浴衣の帯付きなどにお使いいただいてもお役に立つとおもいます。最近は産地としての博多が頑張っていまして、西陣の中級品よりいい品物を織っています。(とくに西村さんなど)この帯は¥43,000、-(別税)でお求めいただきたいのですが、博多のいいものですと10万くらいいたします。その点、この帯は十分お役に立つと思っています。よろしくおねがいいたします。

田原さんの紗袋帯、2点

日本で織られた紗の袋帯です。胴の懸かりも多く、織機で織っていますが立派な紗の袋帯です。単衣から夏の礼装の帯としておつかいください。付け下げや無地の紋付き、紗袷などにもおつかいいただけます。わたしがお求めいただいていました値段が115,000円でしたが、処分の値段として¥65,000、-(別税)でお願いいたします。泰生さんや捨松と比較いたしますと、平凡かもしれませんが、この帯でしたら、どちらでお使いいただいても十分に通用すると思います。中級の上と思っていただいていいのではないでしょうか。

絽、手描き染め名古屋帯

絽の染め帯をごらんください。昨日ご覧いただきました帯の染屋さんの糸目を置いた手描きの染め帯です。ときどき付け下げや小紋などでご覧いただいている染屋さんの作品です。こちらは礼装用の帯になりますから、夏の無地の紋付や飛び柄の格調のある小紋、夏の江戸小紋、絽の付け下げなどに合わせてお使いいただけると思います。昨今の暑さでございますから、6月に入りましたら暑い日などには単衣の上にお締めになられる方も多くなっています。夏大島や小千谷などには使いにくいとおもいます。染めはご覧いただいたように、手描きでも細やかな柄の色挿しです。手のかかった加工で、このような昔ながらの品性のある染め帯は少なくなってきています。わたしのところに二年くらい番頭を勤めています。このたび退職してもらわねばならなくなりました。¥75,000、-(別税)でおねがいいたします。最後の二枚の写真は、前の柄の写真です。

板締め、夏名古屋帯

この染屋さんは、以前から名前は申し上げていません。本来、作品もネットに出すことも困ります!と言われて、何とか名前と値段は表記しないということで折り合いをつけてもらっています。ひとつづつの手つくりのものですので、ネットに出して注文をいただいてもっと制作する・・・ということはない品物です。たしかに、量産しないものをネットに載せることの意味を考えてみますと、いろいろ複雑な思いもいたします。私の場合は、じぶんが老齢で、お客様も同じようにお年を召された方も多く、とてもご覧いただきに伺えませんし、お客様もお越しになれません。すこし離れたお客様はネットでご覧いただいて、見てみたいものをお送りするようにしています。ネットのホームページはそのような意味で、私にとってはとても大切な伝達手段ではあるのです。この帯地は一昨年に求めた帯地です。夏の紬地を板締めで染めたものです。板締めは、米沢で作家さんがわずかに作っておられますが、だいたい滅びた染め物です。同じ柄を彫った板の間に布をはさみ、染めてまいります。絞りと同じように、防染糊で量産ができる以前の柄の加工方法でした。野趣に富んだもので、男のきものや襦袢、女性用にも小紋などにとても趣があり、わたしは若いころはとても魅力を感じました。麻や紬の板締めのきものなんか、魅力的だと思います。(この帯は京都でつくられています。)最後の写真は、生地の透け具合をご覧いただけるかとおもって載せました。¥75,000、-(別税)でお願いいたします。フォーマルな目的にはすこし違いますが、単衣から夏の季節の小千谷や夏大島、夏結城や粋紗などにはよく似合うのでは・・・とおもいます。お安くなっています。

まこと八寸スクイ名古屋帯

まことさんは帯屋さんかしら・・・とおもうほど寡作の昨今です。この帯地は昨年の在庫ですが、今年も欲しい柄があれば求めたいと思って期待しているのですがわたしの欲しい柄がありません。九寸も注文いただいても品物がない・・・・状態です。写真の帯はまことさんでなければ織れない雰囲気です。数年前までは蟹の図案とか、独特の魅力ある柄をよく拝見したのですが昨年くらいから品物そのものが作られなくなりました。お話をききますと、他の注文の織物で多忙のご様子で、たぶんこのような状況がつづくのでは・・・と想像されます。この帯地にかぎり、115,000、-(別税)でお願いいたします。