藤田さん、ドット名古屋帯

 

 

 

グリーンの色が再現できません。もっと張りのある若々しいグリーンなのですが、この写真では色が死んでいます。もし興味を持たれた方があればどうぞ手に取ってごらんください。この地色を拝見したとき、どうしてもたきちの商品にしたい・・・とおもいました。また、このドットの織り方もわたしは初めて拝見しました。夏大島や夏結城、小千谷の麻の絣りなどにお締めいただきたいとおもいます。白の絣りにはとくに鮮やかな取り合わせのように感じます。いつまでもたきちのところにいたのではかわいそうですが、すぐに嫁に行っては心に残るようにも思います。わたしはこの帯地に携わる業者としてはもっとも端のほうに遠慮がちにかしこまっている存在なのですが、気に入られなければ売ってもらえない・・・なんて変わったルールのなかで手に入れています。値段はみなさまたきちのあり方を疑われるかもしれませんが、この帯のネットワークのなかでは、とても安いですともうしあげれます。あまり値段のことはお考えいただかないで、お楽しみいただければ幸いです。¥270,000(別税)でおねがいいたします。

藤田さんドット名古屋帯

 

 

年間に数点、もしかすると2点か3点。それくらいしか求めることが出来ません。この機屋さんのこのドットの帯は、たきちのお客様の間でも評価が高く、好みの柄があれば・・・とお待ちいただいているのですが、なにしろ高価ですので私が買い切れないのです。でも、わたしの倍以上で売っておられるところの方がたくさん売れています。わたしはうらやましいとは思いませんが、ますます値段の交渉が出来なくなるのがつらいです。現実にはこのような帯を値切ることの方がおかしいと言われればその通りでもあります。どのように織っておられるのか、織上がりからいろいろ想像するのですが、まったくわかりません。また、同じものが二つとは織れませんので値段も本来は比較もできないのです。面白いことに、緯は苧麻の生皮を使っておられます。夏帯だけなのですが、そんな難しいことをなんで好んで・・・とおもいます。でもそれが藤田さんなのです。¥160,000、-でおもとめください。他にも求めたのですが、あまりにも高いので不機嫌になってしまいましたら、この一点のみ安くしてもらいました。高い帯は後刻アップさせていただきます。

河村つづれさんの絽つづれ九寸名古屋帯

 

 

 

河村さんの絽つづれの九寸名古屋帯をご覧ください。河村さんはこのままで袋帯に織ったりもなさっておられました。最近は名古屋帯が主流です。芯をいれてのお仕立てになりますが、最礼装の帯としてお考え下さい。単衣や絽の訪問着、付け下げ、無地の紋付に対応いたします。格調の高い小紋にもお使いいただけます。おしゃれな小紋や紬には残念ながらご遠慮いただきたいとおもいます。生の経糸を使っていますから、昔ながらの絽つづれの作り方で織っておられます。以前は私の実家の、堀川通りを挟んだ向かい側で織っておられ、わたしも若いころ教えてもらいに伺ったことがございます。玄琢の本社も処分なされ、技術保存を中心に小さな機屋として頑張っておられます。西陣の中心的な存在であり、トップメーカーとして存在し続けていただきたいと思います。¥90,000、-(別税)でお願いいたします。私個人の感想ですが、18万くらいでお求めいただけるようになりましたら、西陣は甦るとおもいます。

 

 

 

泰生さん、手織り九寸、単衣、夏帯

 

 

 

 

泰生さんの手織りの単衣、夏の季節のための名古屋帯です。泰生さんをはじめ、まことさんにしても捨松さんも藤田さんにしても、この辺は日本のトップの帯のメーカーであることは皆様もご存知のこととおもいます。九寸に織られていますから、芯を入れてお仕立てになります。絽の付け下げにもお締めいただける格を持った名古屋帯です。単衣や絽の紋付、また、単衣の小紋や絽や紗の飛び柄の格調の高い小紋などにもお使いいただけるとおもいます。袋帯から名古屋へとみなさまのお好みが変わりつつある中で、袋帯の重さをもった名古屋帯をどのように作ってゆくのか・・・織機でも懸命に作っておられる機屋さんもおいでです。また、この帯のような深い味わいを持った帯を一点づつ作ってゆくのも一つの方法でしょう。織機でいい織りの名古屋を織っておられるのと値段に違いはございません。こちらは職人の手間は高いのですが設備投資がございません。それぞれに自分の得意とする世界でベストをつくしてものつくりをしておられます。この帯地は¥110,000、-(別税)でお願いいたします。

まことさんスクイ八寸、かわせみ

 

 

 

 

まことさんのスクイの逸品です。昨年、わたしが図案を見てとてもほしそうにしていたらしいのです。でも決心がつかなかったのですが、”織ってみましたよ”と見せてもらいました。さすがに現品を見ますと、どうしてもほしくて求めました。まことさんや藤田さんなどは特殊な帯地としてファンの方があり、織上がりが待たれている・・・状態のようです。また、このクラスの帯地は、多くの方にお求めいただける数はできません。才能と研鑽を積んで織り手になった方の世界で追随は無理でございましょう。カニやイセエビやトンボなどの織上がりも拝見しました。カニやトンボもとても魅力を感じました。でも、そんなには私の力では無理ですので、今年はあきらめます。昨年と同じで¥145,000、-(別税)でおねがいいたします。

都、スクイ八寸

 

 

 

 

 

みなさまホームページをおとずれていただきありがとうございます。毎日たくさんの方々がホームページにお越しいただいています。わたしが怠けてホームページにアップしていませんのに、申し訳ないと思っています。この連休は雪が降るようですし、みなさまにわずかですが目の保養をしていただきたいと思い新しく入ったものをごらんいただきます。

ご覧いただいていますのは、都さんの八寸のスクイの帯地です。単衣や夏の季節にお使いいただける帯地です。5月の中旬から9月いっぱいの期間だと思います。単衣の淡い地色のおきものに、また、夏の麻や絹の絣のきものに、また、絽や紗の小紋などにもお使いいただけます。付け下げや紋付きの無地のきものにはやはり芯を入れて仕立てる帯がよろしいかとおもいます。以前は八寸のスクイ帯はおしゃれ用に限定されていましたが、最近は儀式のとき以外はみなさまお締めになっておられます。機屋のほうでも、太い糸のざっくりとした八寸はほとんど作られなくなり、絽目や紗のきちっとした帯を生産なさるように変わってきております。この帯地も、八寸の絽つづれから比べますとすこしおしゃれな感じがいたしますが、昨年ご覧いただいた絽つづれのメーカーでもございます。今年は絽つづれは発注いたしませんでしたが、スクイはお好みの方も多く、他の機屋さんのものでもスクイを中心に手織りのごく上質の帯地が入ってきています。この帯地は¥90,000、-(別税)でお求めいただかねばなりませんが、機屋さんも品物も一級品でございます。

小千谷、麻のちゞみ生地

 

苧麻の布地の産地は、日本では新潟県の小千谷と滋賀県の近江麻と呼ばれている二つです。近江麻はわたしの感覚ではすこし硬い・・・かなと感じますが、最近の製品をみますと差異はほとんどないのでは・・・とおもっています。小千谷の麻の長じゅばんは、地紋のある織物が無くなり、絽目か無地の平かちゞみかになりました。写真の生地は染めの柄下に使う表生地です。ちゞみは生地幅を広く織り、ぬるま湯の中で手で揉んで縮ませます。夏の時期のきものですから、できるだけ肌に当たる面積を小さくすることでべたつきを抑え、涼感を大きくいたします。みなさまは染めあがった製品でご覧になっておられるかとおもいますが、自分で染めてみたい方はちゞみの白生地としてご入用なのです。また、既成の染めあがった色でなく、自分好みの無地の麻のきものがご入用な方にとっても必要なものです。男性も女性もこの生地をお使いになられます。もっとも糸の太さに違いがあり、細い番手ほど肌さわりはよくなります。むかしは番手が表示されていたのですが、最近は表示がありませんので自分の手の感覚を頼りに番手や糸質を推測いたします。100番手を超えますとまず着てはご満足いただけると思います。150番手くらいの糸を使って織るものもあります。南米アンデスの古い布地には150番手くらいの苧麻の糸が見つかっているそうですから、世界各地で着心地のいい麻が競って作られていたのですね。この生地は¥45,000、-(別税)でお願いいたします。