結城の生地に染めた栗山紅型

今年の一月、栗山さんの同じ柄を求めました。柄の数は多いのですが、わたしの好きな柄がめったにありません。また、生地が今回は真綿を抜きに使った大島ではなく、結城の白生地でした。真綿で織った大島生地はとても楽しみにしていました。じっさいにお召しいただいて、しわにもなりにくく、着心地もいいですよ・・・との感想を伺っていましたので、もっと違う柄も・・・と思っていたのですが、真綿が手に入らなくなって、真綿の大島は織れなくなりました・・・とのことでした。じっさいに、米沢でも真綿の紬を注文しても、真綿そのものが手に入らないので、製品がありません・・・といわれます。この反物の結城の生地は糸質も柔らかく、石毛の白生地としては品質はよろしいと思います。染め味は大島と比べて落ちるとはおもいません。また、染め元の買い継ぎのかたは、栗山さんが大幅な染価の値上げを求めておられ、振袖から小紋、帯にいたるまで、値上げせざるをえません・・・と言っておられました。仕事に比べて栗山さんの染価はたしかに安いと思います。私自身は栗山さんが手抜きもしないでよくこの染価でなさっておられる・・・と思っていました。やはりいい仕事をつづけてもらわねばなりませんから皆様に一割くらいのご負担をお願いせざるを得ないとおもっています。この反物は同じ値段の¥96,000、-(別税)でおねがいいたします。

西陣のお召しⅡ

昨日のお召しと同じ機です。わたしが求めるものがないので、それでは申し訳ない・・・と在庫を安くで出してもらいました。いまはきものは外出着としてお使いいただくだけの時代でございます。ご家庭であるいはお稽古着として普段使いになされません。でも、改めてこのようにごらんいただきますと、新鮮さを感じていただけるのでは・・・とおもっています。河村さんが同じようなお召しを織っておられます。そちらは高いのですがよくお召しいただいています。河村さんの機はもっと複雑な織で、撚糸ももっと手が込んでいますが、この機も900号の織機に懸け、撚糸も強く、お召しとしては上質でございます。普段着として丈夫で飽きのこない品物だとおもいます。このような織物が日常にお召しいただけるようになれば、きものの将来は明るくなるのでは・・・と思っています。¥56,000、-(別税)でおねがいいたします。

西陣、上質のお召し

珍しく手に入りました西陣のお召しをごらんください。糸質がとてもいいので求めました。きものの生活が多い方にとっての普段着であったり、お稽古着としてお勧めいたします。外出着としては目立つものもなく、はなやかさはございませんがお茶のお稽古着などとしては柔らかくしわになりにくく、重宝なきものだとおもいます。数が必要な方にとっては、糸質にくらべてお値段も安く、長く飽きることなくお召しいただけるかとおもいます。単衣のおきものとしても適しているかと存じます。¥56,000、-(別税)でおねがいいたします。

白木さんの付け下げ

数日ぶりにおめにかかります。孫の運動会があり、とても楽しい一日をすごしたりしていました。昨日は、京都から2社の買い継ぎが上京してくれていまして、制作現場の状況をいろいろ教えてもらっていました。いま日本は人手不足が社会問題になっていますが、私たちの業界の中でも特に制作の現場はとても深刻な人手不足に陥っているようです。捨松さんでも先日5点送っていただいたのですが、柄に不足を申しますと、すぐに次の買い手が求めていかれるようで、早くに返品を要求されます。織り手が不足で帯が作れないのです。京都の友禅や帯地ばかりでなく、小千谷も五泉も福井の裏地も、おなじような状況のようです。絹織物の業界に夢を求めて入ってくる人がいない・・・のが現実ですね・・・と話されます。ともあれ、わたしはなんとかはずかしいような着物を求めていただくことなく、呉服屋としては幸せな年月を過ごさせていただいたと感謝しています。

写真の付け下げは白木さんといわれる業界では知らぬ人のないいいもの屋さんの作品です。北川さんも最後のころは高級品の部分は白木さんに依存されていたようです。わたしがよく求めましたのは三十年も前のころかとおもいます。久しぶりに求めてみました。ごらんいただきますように、ぼかしに刺繍の付け下げです。生地は大塚の880gという鬼しぼのちりめんです。ぼかしのタッチと刺繍の腕だけでつくられています。写真よりも穏やかで優雅な雰囲気の作品です。(素人の悲しさでどうしてもいい写真にならないのです)ぼかしは誰にでもできるのですが、職人によってその世界は大きく違ってまいります。このぼかしはひと目見てわたしは感じました。いい手です。写真より上品な染め上がりで、いかにも白木さんらしい染め上がりです。自己主張の少ない、品の良さを旨とした作品ですが、お茶席をはじめ、観劇などこのきものを必要としていただける方がいらっしゃることを念願しています。¥180,000、-(別税)でおねがいいたします。

藤井絞りさんの名古屋

藤井さんの名古屋帯が一点残っていました。わたしが惚れこんで値段かまわず求めていました。もっとも、値段かまわずと申しましても、いちおう頑張って安くしてもらっているのですが、ご覧いただいて、お気に召していただきましてもなかなかお求めいただけません。16万の値段ではわたしでも考えてしまいます。ただし、名品ではございますね。鹿の子の絞りも気品があり、わたしは白大島にぜひ・・・と申し上げていました。ともあれ、在庫として残ってしまいました。勉強させていただきますが、¥120,000、-(別税)でおねがいいたします。比べようがない作りですので、高いとはいえないと思いますが、品物がわたしの器量を超えているのかもしれません。よろしくお願いいたします。

小森さんの名古屋帯

小森さん。手織りの帯地の名門の一軒です。最近は織機も取り入れて手織りと遜色ないいい帯地を作っておられます。わたしが手織りにこだわりますと、業者の人たちとは、糸の質を落とさず丁寧に織ることでコストを下げながら織物としての質を維持しているのだからそれはそれでとても意味のあることだ・・・と話し合います。一方、小森さん自身は手織りでとても高いブランドの帯も織っておられます。名門でも品質を落とさず幅広く需要に対応しようとなさっておられるのですから、わたしたちは理解して同じ方向を手探りしてゆくのがいいように思います。みなさまもこの機屋さんの姿勢は信頼していただいて大丈夫だと思います。上品な六通の名古屋帯でございます。¥68,000、-(別税)でおねがいいたします。

捨松さんの新柄六通

多くの方がご覧いただいたときに ”捨松” と感じられると思います。柄の雰囲気、写真を通してでもわかる糸のしなやかな質。織機で織っておられるのですがとても上質の帯地です。礼装から小紋まで幅広くお使いいただけるとおもいます。いままでにも捨松さんのことはずいぶん申し上げてまいりました。西陣を代表する高級帯地の制作で著名な機屋さんです。わたしは袋帯の捨松さんでしか織れない世界が大好きなのですが、最近は袋帯があまり歓迎されないようになりまして、求めるのには勇気がいります。でも、捨松さんの本来の袋帯を、ホームページ上ででもご覧いただきたいと思っております。まだ半年以上時間がございますから、一段落しましたら挑戦してみます。この帯地は一人前に¥96,000、-(別税)でお求めいただかねばなりません。よろしくお願いいたします。