綾竹、手組の帯その後

まことに残念なことですが、この帯ももう組んでもらえないことになりました。先日、ご注文で色を出して組んでほしいと頼んだのですが、もう組めません・・・と断られました。何度も押し問答をしたのですが、これだけ手がかかる帯はもういやだ!というのが本当の気持ちのようです。もちろん綾竹で組む帯〆と比べてあまりにも安すぎる・・・といわれるのはもっともなのですが、なによりもこの帯を組むのはやはり大仕事でしょうね。値段を出してもらっても組む気持ちはありません・・・といわれます。手織りの帯も次々と職人がなくなりわたしの住んでいた世界も小さくなってまいりました。このようなことはわたしはHPで申し上げることはないのですが、惜しく心残りで、お伝えさせていただきます。

加賀、百貫石峰作・訪問着

 

加賀の百貫石峰作の訪問着です。訪問着と申しましても、柄は付け下げの小ぶりくらいのさっぱりとした訪問着です。共生地で八掛を付けていますし、上前だけでなく脇縫いも柄が合っていますから一応訪問着ではございます。加賀の特徴を持った優雅な威張らない訪問着です。値段は小紋にも満たない価格です。将来このような付け下げがご入用と思われる方がございましたらお求めおきください。¥98,000、-(別税)でお願いいたします。

古浜ちりめんのボカシ訪問着

浜ちりめんの鬼シボ(古浜ちりめんと申しています)の生地にぼかしを染めました。むかし、わたしが京都と東京を往復しながら仕事をいていたころは、職人の意見を聞きながら染め出しをしていました。東京の滞在の時間が多くなりますと、悉皆屋さんにお願いして染め出すのですが、一人抜群の感性の方があり、長くお願いしていました。その方がなくなり、代わる人がみつからず長く作れなかったのですが、先年、わたしよりも優れたかたにお目にかかり、染め出しをしています。ぼかしは一点一点が創作ですので、地色と目色をだいたい指定して、後は指揮する人にぼかし方、色の取り合わせやぼかしの足などを一任いたします。柄を糸目を置いて丹念に手仕事を重ねて染めてゆく方法と違い、染めが生きるかどうかは一瞬できまります。職人と悉皆屋さんの呼吸です。派手さは少ないですが、上品な少し控えめな訪問着です。お茶席や観劇、また、お能の席などにお召しいただきたいと思います。上前や肩にテーマを決めて刺繍をなされ、すこし豪華に演出なさっても素敵なきものになります。(源氏香の模様と草花のとりあわせなど)以前は老練の呉服屋さんたちが好んで色を競って作っておられましたが、最近はほとんど作られていないように聞きます。たきちの自信作です。¥165,000、-(別税)でお願いいたします。

京友禅訪問着

京友禅の訪問着です。すこし加賀友禅の雰囲気がはいっていますが、基本的に京ものです。加賀友禅が爆発的に流行した時期があり、京都の職人や作家さんたちも実際に加賀に住んで、何年か修行して加賀の特色を学び、京都に帰って融合した世界を表現する方が多くおられました。落款はわたしも名前を大切にしているのですが、わたしたちの間では、落款がなければ値段はどうなのだ・・・・という議論をよくいたします。昭和30年代までくらいは業界のなかでも落款は評価の基準にはなっていませんでした。わたしは年の功もあり、きものの鑑定をよく頼まれます。そのなかで、昭和30年代40年代に染められたきものは香り高い名品であっても落款が入っていない着物が大部分です。落款を頼りに求められるお客様はあまりなかったのです。いまでも京友禅を代表するような手描きの逸品を作っておられる方にうかがいますと、作った人が自分の名前をお客様がお召しになるものに入れるという発想そのものがおかしい・・・・といわれます。わたしたちは縁の下の支えであって、おめしいただくお客様が主役なのだ・・・という職人としての基本的な自分を律するものがまだあるのです。それはさておき、このきものは名品ではございませんが、職人が自信を持っていいきものに作ろう!と思って筆を摂った作品には違いありません。強いタッチを出すために顔料を用いることもなく、穏やかな色遣いですが気品のある作品に出来上がっています。値段より作品のほうが価値があると思います。¥165,000、-(別税)でおねがいいたします。

菱健・訪問着

菱健の訪問着をごらんください。御所解きともうします御殿の庭の風景を表現しています。上品なでも力のある晴れ着でございます。わたしはこの訪問着の命は、地のぼかしにあると思っています。地色が何色かわからない、全体がぼかしで表現されています。ぼかし染めはみなさま簡単そうにお思いになるかもしれませんが、とても難しい染めです。一か所思うようにならなければすべてが製品になりません。簡単なあたりを取ってから素早く染め切るのですが、このようなボカシはよほど熟練の職人でないと染めれません。わたしが若いころは、このようなボカシをそめれる職人はたくさんおられました。いまはとても貴重な人材です。友禅は草稿があって糸目糊を置き、手挿しで染めています。本格的な訪問着として選んでいただきたいと思います。¥230,000、‐(別税)でおねがいいたします。

捨松・七野さん、夏袋帯

左が七野さんの麻の本袋の帯です。手に取っていただかないとお分かりいただけないのですが、麻の本袋の帯です。それも大麻でなく表記してありますように苧麻で織られています。わたし、寡聞にしてこの機屋さんは存じませんで、買い継ぎの方に教えられて知りました。作れる数が少ないですから、知る人ぞ知る・・・・世界になるのでしょう。買い継ぎの方も、個人的に知っているので・・・といわれます。しかし、このような帯を黙々と作り続けておられる方がいらっしゃる・・・なんとも楽しいですね。いぜん、小千谷で、苧麻の白生地を手織りで織っておられるのに出会いました。なんで織機でおれるものを手織りになさるのですか?とたずねました。その時以来のさわやかな感動をおぼえました。値段はもうしあげないほうがいいでしょうね。

右は捨松さんの織機で織った紗の袋帯です。先日の田原さんの紗の袋帯と比べていただいて、みなさまどのように思われますでしょうか。捨松さんの糸の特徴や織の独自の世界など、ちがいはそのまま認めていかなければならないと思いますが、同じ織機で織ってものですと田原さんが劣るとは思えません。値段は¥98,000、-(別税)でお願いいたします。

紗袋帯

2291田原さんの紗袋帯です。織機で織ってありますが、織りのたしかさ、糸の質、図案とよく吟味された夏帯です。今年は、泰生さんや捨松さんの手織りの袋帯は、値段も重すぎてちょっと遠慮いたしました。田原さんの帯は、捨松さんの織機で織った機と同じ値段ですが、わたしはむしろ田原さんのほうを評価いたしております。手織りの袋帯が織り手の問題もあり、年々すくなくなってまいります。丁寧におられた織機の帯地が主役になってまいりますでしょう。いずれも¥98,000、-(別税)でおねがいいたします。