逸品きもの3点

この3点は、また別な買い継ぎの作られたものです。左端の絞りは大胆な構図ですが、朱の色もよく、一目見て魅力を感じました。わたしなら・・・・と思われる方がいらっしゃいましたらどうぞお召しください。パーテイーの席などでは、訪問着よりはるかに効果を発揮するきものになりますよ。もっとも、きものの身幅を考えますと、6割くらいしか柄が出ません。ご覧になっておられるよりおとなしい着物になると思います。¥58,000、-(別税)でお願いいたします。安いと思います。

中央のネコの柄は、猫の柄の地紋を、生地から開発して、地紋を蝋で伏せ、引き染を施した加工です。担当は若い、私には孫のような若い男性ですが、一反づつ地色を変え、縦ボカシを入れたり、てのかかった仕事をしていました。とても自信を持っていて、少しづつしか作れませんが、意外性があり、専門店では評価してもらっています・・・とのことでした。孫の熱意にほだされて・・・なのですが、わたしが作ったらいくらかな?と自問してみたのですが、この猫の柄の地紋の生地の開発だけでも、わたしにはとてもできません。珍品として評価していただきたいと思います。¥90,000、-(別税)でお願いいたします。

右端のきもの地は、夏の小千谷のちぢみの生地に友禅のとても風雅なきものです。染め、生地ともに一流と申しあげれます。若い方からご年配の方まで、幅広くお召しただけます。¥96,000、-(別税)でお願いいたします。

今年はわたしがし残したことなどを少しづつ手がけてゆきたいと思っています。3月の末のころには、単衣、夏の帯として、まことさん、捨松、さらに、独立して綾竹の機で、手組みしている職人のものなど、ごらんいただけます。いましばらくお待ちください。

京絞り小紋3点

丹後の重め紋意匠の生地に絞った小紋です。きものに、コートにと楽しんでいただけます。この着物地は京都の大手買い継ぎが生地が安く入ったとき、相当な数を染めて、コストを抑えた製品です。おかげさまで生地の値段でお求めいただけます。前のページの藤井絞りさんのきもの地とは発想が違い、たくさんの方に手作りの絞りのきものを着ていただくことを念頭に制作しておられます。着物に仕立てあげても十万円いたしません。価値ある一品です。¥47,000、-(別税)でお願いいたします。絞りは繊細な手ではございませんが、手作りの品物で、生地代でお求めいただけます。

若松に宝ずくし

昨日、若松に宝づくしの柄の付け下げをお召しいただいて、お客様がたきちを訪れていただきました。昨年の作品の中で、心に残るいい作品です。お召しになられたら、どんなだろうか・・・と気になっていました。坊ちゃんの結婚のための顔合わせの席にお召しいただくようにうかがいました。着物にとってもまことに幸せなデビユーです。この付け下げは、真糊で伏せています。ゴム糸目では表現できない力強さ、勢いなど、真糊の得意の世界なのですが、その時の気温や湿度に影響されますので、同じものを作ろうと思っても、似て非なるものになってしまいます。宝つくしの部分を貝桶に換えてもう一点作りたかったのですが、駄作に終わることが怖くて、結局一点のみの制作に終わりました。でも、松の図案もすこし変化させながら、もう一点作りたくなりました。旦那のブログにページを換えて、アップの写真などご覧ください。真糊の染めを味わっていただけるかも…と思います。

京鹿の子絞り展(東京で催されます)

京鹿の子の絞りは滅びてしまった・・・と思っておられる方が多いかもしれません。でも、まだ生きて制作を続けています。ご覧いただきますように、京鹿の子絞り振興会として頑張っておられる方々がいらっしゃいます。一粒鹿の子だけでなく、いろいろな絞りが京都で絞られています。この展示は、多くの方に京都の絞りをご覧いただきたいと開催されます。どなたでもご入場いただけます。わたしは染色は中学生のころから親しんでまいりましたが、絞りは一般的な知識しかありませんので、あまり専門家として見極めが出来るとは思っていません。でも、やはり心打つものは感じることができます。このたびは九社のメーカーが出品なされ、鹿の子絞りの実演もごらんいただけます。販売を目的とはなさっておられませんが、一部販売もなさるようですが、もとめるかどうかのことではなく、このような機会に見て、触れておいていただきたいと思います。なかなか京絞りの優れたものだけの展示は少ないですから、目の保養をなさっていただきたいとおもいます。デパートなどでの展示会とは少し性質がちがいます。どなたでも無料でご覧いただけますからどうぞが参加ください。また、わたしも勉強にまいりますので、ごいっしょがご希望でしたら、連絡をいただけばお供いたします。

日時   2月3日(金)午後1時~5時

2月4日(土)午前10時~午後5時

2月5日(日)午前10時~午後4時

会場   東京都立産業貿易センター 台東館 6階北

東京都台東区花川戸2-6-5

Tel.  03-3844-6190

米沢・袴地AB反

めずらしく袴地のAB反が入りました。写真の左が夏袴地で、右が福寿袴地です。袴地のAB反は、既成品として仕立ててしまえばキズは見えませんので、産地では仕立てあげてしまいます。今回は、買い継ぎの人の好意で求めることが出来ました。一つには、仕立てあげて売るにはすこし品物が上のランクであっとことも幸いしたと思います。夏袴は機屋さんが二軒になっていますので、まずキズ物がでることがほとんどありません。また、福寿袴は、米沢の袴地の中でも、品質が優れています。縦込み、抜きの糸質、匁付き、いづれも吟味されたいい品物です。全部で10反くらいあったのですが、吟味して厳選いたしてございます。夏袴のキズの箇所は、写真ではわかりませんが、手に取ってみますと、絽目の透けた部分にすこし乱れがあります。絽袴は難しいですね。丹後で紋紗が織れるところが少ないのと同じなのでしょう。値段は合格品のおよそ三分の一です。夏袴は、¥48,000、-(別税)でおねがいいたします。福寿袴のほうは¥49,500、-(別税)でおねがいいたします。また、従来仕立て代は、¥15,000、-ネーム代はサービスでお願いしていましたが、仕立て代¥18,000、-ネーム代¥1,000、-いただかねばならない状況になってまいりました。産地も、負担が重すぎて、やむを得ない値上げになってきています。

五泉・駒絽700g4反

新潟県五泉市、羽二重や絽の産地としてしられた町です。わたしども、紋付の羽二重や絽、絽ちりめん、裾回しの精華やチエニーなどはこの五泉のものを使います。今回は、700gというごく重い駒絽の生地が4反、あるルートで安く入荷いたしました。絽は、小紋にもあまり使われなくなり、紋紗が中心になってまいりました。わたしも絽の生地は男物の紋付用以外、最近は取り寄せたことがありません。また、軽めのものは、ウオッシャブルの長じゅばんに安くでよくお使いいただいています。この反物は、長じゅばんには重すぎてお使いいただけませんが、お茶席などで絽の紋付は必需品ですし、多くの方はお持ちでございましょうが、もしお持ちでなければ、このような値段の時にお求めおきいただきたいと思います。絽は主流から外れてまいりましたので、このような価格でお求めいただくことが起こりますが、機屋さんに注文いたしますと、とても高いものです。この生地は駒絽と申しまして、撚糸が強い生地です。平絽と申します、撚りのない糸を使った7本絽もありますが、いまは駒絽が主流になってきています。この生地は喪服にもお使いいただけます。¥18,500、-(別税)でお願いいたします。

たきちも昨年は家内が病気になり、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。おかげさまで昨年末ころからすこしづつ回復いたしまして、最近はひとりづつのお客様のお好み、裾の色、寸法のことなど、自分が管理していた仕事の部分を私に指示して教育してくれています。たくさんの方々の励ましをいただき、ありがとうございました。わたしも仕事に集中できる時間が多く取れるようになってまいりました。今後ともよろしくお願いいたします。

あけ田の小紋と菱健の付け下げ

佐多

左端の付け下げは、昨年末にアップさせていただいたものです。年末でしたので、皆様の目に留まらなかったかも・・・と思い、一月にもう一度ご覧いただきます。地色を出して、柄をすこし小ぶりにして、別染めで染めてもらいました。地色はきれいなブルーで、柄がよく映えました。染め上がりまでは未知の部分がありまして気がかりでしたが、染め上がりの第一印象は成功!でした。¥170,000、-(別税)でお願いいたします。

中央の柄はあけ田さんの小紋です。昨年秋に求めた柄ですが、一人の方しかご覧いただいていません。摺り染めのいい染め味の小紋ですので、改めて染めてもらっていました。昨年の作品よりすこし茶色が濃い目に上がっていますが、親しみやすい品のいい小紋になりました。街着としてまた、お稽古用として広くお召しいただけるきものです。ご愛用ください。¥98,000、-(別税)でお願いいたします。

右端は、同じあけ田さんの一方付け小紋です。こちらも好評いただきましたので、もう一度染めてみました。この総柄付け下げとも申します小紋が最近とても少なくなりました。手がかかる割に、評価が低いようですが、おしゃれなきものです。写真のちょうど中央部に、肩の山があります。柄がきもの全体に上を向いているよう染めが設計されています。摺り染めのてのかかった加工です。付け下げとしてはお召しいただきにくいですが、小紋の手のかかったきもの・・・・といった位置づけでお召しください。おしゃれな一品です。¥120,000、-(別税)でお願いいたします。