西哲機業と野々村の袋帯

 

 

 

 

写真の左の帯地は、証紙番号132の西哲機業さんの帯地です。丸練り本袋の地です。西哲さんはいまはございません。やわらかなよく練られた糸を使い、表と裏と同時に織る本袋の帯です。ご覧いただきますように、この帯は礼装用の格式の高い帯ではございません。普通に日常お使いいただくお稽古だったり、ちょっとしたお出かけのための帯地です。帯地としては頂点のものではなく、底辺の、低コストで良質の糸を使った、いわゆる無印良品です。たくさんの方にお使いいただけて初めて成り立つ性質のものです。きものが日常から離れて、同時にこのような低利潤の良質な帯もなくなります。もっと胴かかりの多い重い織りの帯も織っておられましたが、それらはわたしも10万を超えてお求めいただいていました。地味な帯のようにお感じなられるかもしれませんが、若い方にも素敵ですよ。

右の写真の帯は証紙番号25の野々村さんの帯です。さすがに25というと老舗の機屋さんです。同じような帯とは織りが全く違い、いい織をしておられます。こちらは、無地の紋付や付け下げなどに合わせていただきたい、小ぶりな礼装のための帯です。名古屋帯の感覚に近いですから、名古屋帯としてお使いいただけると思います。二点とも¥30,000、‐(別税)でお願いいたします。

芳彩と川村久太郎袋帯

 

 

今日からふたたびたきちの在庫の値下げ品にうつります。在庫もそんなに多くはございませんがごらんください。左の帯地は芳彩の真綿モール織りと名付けられたおしゃれ帯です。小紋から紬などに幅広くお使いいただけます。やわらかな糸質で、使いやすい帯地だと思います。手に取っていただきたい柔らかさです。右の川村久太郎の帯地は結城の白生地に友禅で柄を染めた帯です。やはりおしゃれな帯地ですが、普段の紬や小紋にもお使いいただきたいと思います。二点ともに¥30,000、-(別税)でお求めください。たきちの処分ですから安いと思います。

唐織り袋帯と摺り染め袋帯

 

 

この二点の袋帯も、廃業なさるチエーン店の商品です。みなさま、チエーン店と申しますと、粗悪な商品が高い・・・と連想なさるかもしれませんが、この店は仕入れるところもいいものを扱う問屋でしたし、わたしも吟味して求めていますから品質についてはご安心いただいて大丈夫です。また、値段についても、信頼していただいて大丈夫です。染め帯の方は、生地も柔らかく、締め心地はいいと思います。織物のきものに合わせていただきますと、よく合う取り合わせではないでしょうか。また、寸を詰めて名古屋帯の長さにしていただきますともっと使いやすいと思います。唐織の袋帯は、いぜんわたしもよく扱いました。こちらは、無地の紋付から付け下げ、飛び柄の小紋など用途は広いと思います。地織りがしっかりとしていますから、芯を入れないで、二重のお太鼓に結んでいただいてちょうどよろしいかと存じます。どちらも¥30,000、-(別税)でお願いいたします。

 

 

 

麻八寸のかがり帯と男性用の綴れ角帯

 

妙な取り合わせですが、廃業で出ました商品ですからごめんなさい。麻の八寸は大麻ですが、糸質は柔らかく、とても上質だと思います。絣で織られています。昨日ご覧いただいた無地の麻の帯は着物を好まず、多くの柄のあるきものに合わせていただきやすいと思います。この麻の柄は合わせる着物の範囲がすこし狭いかもしれません。でも、無地の麻のきものなどにはとてもよく合うとおもいます。¥8,500、-(別税)でお願いいたします。

紺地の綴れの角帯は、西陣の手織りの帯です。つづれは家業でもございましたので、わかっているのですが、この地紋のある綴れは爪で掻く方式ではなく、引き打ちと呼ばれる織り方です。ジャガードを上げていなければ織れないのですが、いまも西陣では織られています。わたしも女性用の八寸幅のつづれをただいま二点織ってもらっています。綴れの帯は横糸で縦糸をくるむ織り方です。倍越しと申しまして、横糸の量を多く使っております。使い始めて2~3年は硬いのですが、なじんで柔らかくなりますと、手織りの特徴である体に沿ってくれる締め心地がながく続きます。角帯の中では最上級と申しあげてよろしいと思います。(他に、組みひものような織り方の角帯もあります。)値段は¥38,000、-(別税)でおねがいいたします。とても安いとおもいます。

麻八寸かがり帯

 

今日ご覧いただきます帯は、あるチエーン店が廃業するのにともなって整理で出た品物です。麻の普段帯ですから、夏の麻のきもの、また、浴衣、明石や粋紗などの紬の夏のきものにもよくお使いになられます。夏のお稽古の帯にもお使いいただけます。産地は西陣ではありませんが、太田市とありますから、もともとは足利、桐生の系統の帯だと思えます。素材は大麻です。わたしは麻とくに大麻は専門ではありませんからよくはわかりませんが、織りは正直なまっすぐな織物だと思います。麻としてはよくできていると思います。値段は¥8,500、-(別税)でお願いいたします。

小紋長じゅばん

 

 

ちょっと変わったおしゃれな長じゅばんです。さいしょ、この長じゅばんは男物でしょう?とたずねたのですが、「いえ、女性用です」との返事にちょっとびっくりしました。まあ、このようなお好みのかたもいらっしゃるかも・・・と求めました。生地が上質なので着心地はきっといいと思います。また、男性用にお使いいただいて、柔らかく軽く、体に負担がありませんから、わたしなどの年齢になりますと、軽いのがありがたい・・・ですから上手におつかいいただきたいとおもいます。なによりも、とても安く手に入りました。¥14,000、-でお求めください。先日アップいたしました白の長じゅばんなどと一緒に、入りました。品質は大丈夫いいものでございます。生地は丹後で、本友禅です。ウオッシャブルになるかどうか試験はまだいたしておりません。

北尾袋帯二流れ

 

 

 

 

 

北尾さんの袋帯をごらんください。北尾さんはすでにない機屋さんですが、落札した商社にはまだ在庫があります。なかなか値段が合わず、少しずつでないと求めれないのですが、久しぶりに二点のみ合意できました。問屋がどうして求めないのか・・・わたしは疑問に思うのですが、委託ならば借りたいところはたくさんある・・・ということのようです。それはさておき、この帯は手織りですから、上質の練り糸を使っていることと併せて、柔らかい織上がりでございます。引き箔はいまは織機でも織れるのですが、この帯の箔をご覧いただきますと、手織りでないと織れない織り方になっています。無地の紋付や付け下げ、訪問着などに合わせていただきますと品の良い取り合わせになると思います。この織りを名古屋でつくりましてももっと高くなります。¥85,000、‐(別税)でお願いいたします。

下の帯は、同じ北尾さんの草木染め糸を使った、手織りの引き箔の袋帯です。引き箔と糸錦の併用でございますが、くどくなくさらりとした礼装のための帯地です。箔の部分をご覧いただけるように、アップの写真を添えてございます。無地の紋付から付け下げ、訪問着、留袖にもお使いいただけると思います。¥160,000、‐(別税)でお願いいたします。