福井、捨松、織楽浅野、九寸名古屋帯

みなさん錚々たる機屋さんです。左端は福井さんの六通柄の名古屋帯です。絽目に織ってありますから、本来は夏帯なのですが、訊ねましても、単衣、夏用として考えています・・・といわれます。現実に6月の汗ばむ季節にこの帯をお締めいただいて違和感はありません。この数年、季節感がずれてきている・・・と思います。単衣、夏の小紋や紋付の無地などに合わせてお使いください。九寸のおびですから、芯を入れて仕立てます。どちらかと申しますと、礼装に属する帯です。訪問着などには役不足ですが、格調の高い小紋などにはふさわしいとおもいます。¥64,000、-(税別)でお願いいたします。

中央は捨松さんの夏帯です。この帯も今年が最後の制作になるとうかがいました。やはり織り手さんの問題だといわれます。他の追随を許さない織りなのですが一つの時代が去ってゆくのを感じます。また、夏の帯を織ってもらうのも、今年が最後の年になると思います。わたし自身の年齢や健康のことを考え、来年はこのクラスの帯を発注することはできないだろうと思っています。(もっとも生産もありませんが)。¥98,000(別税)でおねがいいたします。

右端は織楽浅野さんの九寸名古屋帯です。織楽浅野さんは若い方々にとても支持されている機屋さんです。若い人にお訊ねすると、感覚的に好み・・・といわれる方が多いです。ともあれ、この帯は、織りも確かですし柄も新しい感覚ながら古典を踏まえておられ、わたしのような古いタイプでも、魅力を感じます。夏の袋帯に代わってお使いいただける正統派の帯とお考えいただけると思います。¥87,000、-(別税)でお願いいたします。

帯屋捨松、八寸紗八寸名古屋帯

捨松さんの紗の名古屋帯です。この帯は六通ですので、太鼓腹の柄と違い、まちがいなく日本で織られています。昨年は、値段が折り合わず見送りました。ことしもあきらめようかな・・・・と思っていたのですが、機屋さんの実情を聞きますと、値切ることもできなく、発注いたしました。このレベルの帯は、工芸品としての評価をいただきたいとおもいます。他にまことさん、藤田さんなどがもっと数少なく作っておいでです。夏大島、夏の結城、小千谷などに合わせていただきたい帯です。業者の間で、もう値切る時代は終わった。産地を育てなければ、ものが作れなくなる・・・と考える人が多くなりつつあります。¥95,000、-(税別)でお願いいたします。

綾竹、手組みの八寸帯

綾竹と呼ばれる組み方は、わたしが十代のころ京都では名を知られていました。手組で帯〆を組む時に使うと聞いていました。もう60年は経っているのですが、いまも綾竹で組む帯〆も、このようにして組む帯も健在です。数年前、もう少し手の込んだ組みの八寸帯を扱いましたが、その頃はあるメーカーの傘下にあり、値段も倍ほどいたしました。わたしがこの組の帯の魅力を実感したのは、ひなやさんの作品を手に取ったときでした。ちょうど、よく練り込んだつづれの糸を持った時と同じような触感でした。この帯は手に取ってみていただきたいとおもいます。帯とはこのようなものなのか・・と認識を改めていただけると思います。柔らかくて腰があり、帯を締めて負担を感じることが少ないと思います。夏帯として組んでいますが、単衣のきものに十分お使いいただけます。受注生産ですので、色を指定しての注文ですから、お好みの色で組むこともできます。三か月ほどいただくようになるとおもいます。少しでも多くの方にお使いいただきたく、たきちとしてもできるだけ安くさせていただきたいと思っています。¥98,000、-(別税)でおねがいいたします。(左の帯の色はクリームで、右は薄いひわいろです。)

夏帯がはじまりました。

麻素材の八寸幅の夏帯です。単衣のきものにもお締めいただけます。普段帯ですから、用途は小千谷の麻のきもの(小千谷とは限りません、麻一般の意味ですが)、明石などの絹でも紬系統の普段にお召しいただくきものに合わせてお使いください。もともと泰生さんの子会社でしたから、素材、織りともにしっかりとしていますし、歴史のある会社ですからゆったりとした作りがしてあります。わたしはこのような基礎のしっかりとした普段帯を、たくさんの方にお使いいただきたいと念願していますが、実際には、後でご覧いただくような、まことさんや捨松のような西陣のもっとも高級といわれるような帯に需要が集中しています。お茶のお稽古などにはこの帯はとても重宝にお役に立つと思います。どうぞ身近に使ってやってください。¥29,000、-(別税)でおねがいいたします。

唐織り袋帯1点

証紙番号1618丸勇さんの唐織りの袋帯です。地色はベージュで写真よりすこし明るく派手目です。糸もよく、軽い帯です。礼装用の帯でもありますが、小紋や無地の紋付などにも十分お使いただける重宝な帯です。すこし変わったルートから入りました。値段は¥35,000、-(税別)と例外的に安いのです。応用範囲も広く、これからきものを着てみよう・・・・と思っておられる方にお勧めしたい帯地です。

米沢のお召しAB反

米沢のお召しが品不足で困惑しています。2年ほど前は、たくさんあったのですが、現在は頼んでも物がない・・・・状態です。原因はわかっているのですが、着物業界の慣習が変わらない限り、解決は難しいのではないかと思います。ともあれ、機屋さんは余分なものは作りませんよ・・・といわれます。米沢に限らず、西陣も京都の染め屋さんも、他の産地も生産者は体力がなくなり、在庫を多く持って、展示会などに委託で貸しましょう・・・・といった営業が一部では出来なくなりました。ようやく本来の状態にもどれる機会が生まれた・・・ように思います。優れた品物は注文して作ってもらい、買切るような商習慣が当たり前です。そのようにしてコストを下げ、気軽にいい着物をお求めいただけるようになってゆくのでは・・・・と思います。ところで、ご覧いただいているこのお召しは織傷があり、買い継ぎの方に、AB反がでたら・・・と頼んであった品物です。着物にするのに支障はありません。¥37,000、-(税別)でおねがいいたします。

とても魅力的な小紋です。

左端の小紋は古川三郎さん。藍染めの作家さんの小紋です。灰汁建発酵は100年経っても色が冴えている・・・といわれる、藍染めの本道です。とても高い小紋なのですが、一反だけ、目をつむって、安く出してもらいました。今後、大澤石雄さんなど、作家さんのものを少しずつちょうだいしてまいりたいと思います。¥118,000、-(別税)でおねがいいたします。

中央と右端の小紋は、万葉さんの小紋です。中央は、カチン摺りのとても繊細な摺り染めの小紋ですが、最近はプリンターで似て非なる染めが横行して、わたしたちの年代が終わりますと、この摺りの技法もなくなるのでは・・・とおもっています。右端の小紋も同じ万葉さんの染めです。こちらは、そこそこの数を染めても、お求めいただけるそうです。晴れの感覚があり、よそゆきのきものとしておめしいただけます。¥78,000、‐(別税)でお願いいたします。