スクイ名古屋帯、鳥獣戯画

写真がよくないので、ご覧いただいてもあまり魅力を感じていただけないと思います。質の向上を図っていきたいとおもいます。スクイは、綴れも同じなのですが、織る帯の下にセットした鏡を見ながらどのように織れているか確認して織り進めます。帯の裏を上にして織ってまいります。この線で出す柄は、軽いように見えましても結構難しく、ベテランの技術が求められます。二番目と三番目の写真は、同じ部分を表と裏を写してあります。スクイの技法がよくわかります。この鳥獣戯画は、不祝儀にお使いいただくことが多いように聞いております。法事の帯としてお使いになられるのだそうです。わたしはすこし違和感がありますが、たしかにお経の帯よりさらりとしていいかもしれないと思います。私自身は、枯れたおしゃれな帯として考えております。値段は前の二点と同じでございます。

スクイ名古屋帯Ⅱ

桜につづいて、色紙取りのスクイの名古屋帯をごらんください。こちらも手のかかった柄です。坂下さんをはじめとして多くのスクイの機屋さんが廃業なさいました。職人たちは独り立ちする人、廃業する人さまざまな人生を送っておられます。わたしの中学時代の同級生も、綴れ屋さんの営業として、自信に満ちて仕事をしていましたが、終わりころにはノイローゼになっていました。彼の奥さんは、いい手の織子さんでしたが、数年前に、もう一度織ってみては・・・?と勧めましたが、業界のあまりのわがままな身勝手さにあきれていて、気持ちが動きませんでした。この帯も、織子さんにとっては、ひどい値段だと思います。でも、いまでも織っている人は、好きで機から離れられない方が多いです。そのような人々に支えられての今なのですが、若い人に魅力ある仕事ではございません。老齢化とともに織れなくなっています。産地である京都市でも、織り手を養成するために援助しているのですが、養成機関が終わって、独り立ちして時の手取りの低さに仕事が続かないと聞きます。でも、美校を出て、好きで織りの表現を一生の仕事として入ってこられるひともいらっしゃいます。好きで一生をかけて取りくんでおられる方々の中から、明日を担う人が出てくることを信じています。この帯は¥69,000、-(別税)でお願いいたします。

スクイ九寸名古屋帯・桜

 

桜の花のスクイ九寸名古屋帯です。とてもよく織れています。スクイは毎回申しあげていますように、櫛や爪でヌキを寄せる手織りの技法です。綴れもスクイの一種です。この機は以前から機会あるごとに求めているのですが、この桜の花は初めての柄です。季節そのものの柄は本来お求めいただきにくいのですが、最近は四季を問わない柄よりみなさまに好まれます。下手な写真で申し訳ないのですが、三枚目の腹の柄の写真はスクイの雰囲気を感じていただけるように思います。¥69,000、-(別税)でお願いします。

昨日は、前橋の裏地や八掛のメーカーの方が見えました。御用は、値上げの要請でした。世界的に天然繊維の需要は逼迫しているようで、ブラジルの上質の糸はヨーロッパと日本は買値で競合しています。問題は中国の需要の動向で、中国でも富裕層を中心にシルクの需要が高まり、とくに真綿の布団は糸の使用量が大きいので、玉突き的に、近い将来日本は上質の糸を買いにくくなるのではないだろうか・・・との見通しを聞きました。中国の人件費も相当高くなり、治安も世界中で不安定がつづきますと、製造業は日本に回帰してくるのではないでしょうか。きもの業界でも都さん、捨松さん、河村さん、藤娘きぬたやさんなど、そうとう高い技術水準の帯を中国で作っておられるのですが、十年単位でみますと、ぼつぼつ変化する時代に入ってきているのでは…と思います

 

河村綴れさんの手織りつづれ袋帯

 

 

 

昨日、京都から帯の買い継ぎの人が見えていました。その中にこの帯が入っていたのですが、わたしは河村さんの出荷価格を存じ上げていますので、値段も聞かず一見しただけでした。その後、茶飲み話になって、この帯の値段を聞き、その安さにびっくりして、即刻求めました。¥275,000、‐(別税)でお求めください。糸はもちろん綴れの糸ですが、織り手が上手なのでしょう、柔らかく、締め心地はとてもいいと思います。みなさまご覧いただいて、格の高さに、”どのような機会に締めるのだろうか・・・”と考えられると思います。地色は黒でなく、消し炭色でございますが、留袖には色が合いません。色留、訪問着、端正な柄の付け下げ、そしてわたしは色無地にとてもお勧めいたしたいです。前の柄は別腹と申します、名古屋帯の柄付けと同じ、上を向くように作られています。

初釜の無地の紋付などには、引き締まってぴんと張った雰囲気がいたしましょう。豪華なきものではなく、なんの飾りもない無地の紋付がよく生きるように思います。河村さんは中国に出機をお持ちです。それ以来、河村さんのものはすこし敬遠しているのですが、国内にも自家機があり、先日もお茶の先生の刺繍下のための地紋の綴れを特注で織ってもらったりしています。河村さんとしては、中国でも何年もかけて織り手を育て、日本のトップの機屋として、恥ずかしくないものを提供しています。織り手の技術水準は、日本の織子より落ちるということはありません・・・と言われます。でも、わたしは綴れを織っていた家の子です。触れば皮膚感覚で違いがわかります。この機は、わたしには日本の織り手が織ってものだ・・・と感じます。たとえ中国の織り手であったとしても、まったく日本の職人と比べて遜色はありません。今は中国製は明記しなければならないのですが、そのしるしはありません。そのような枝葉のことではなく、ごく上物の手織りの綴れの袋帯として評価してやってください。

 

 

 

帯や捨松・六通名古屋帯

 

珍しい地色の捨松の名古屋が入荷しました。新鮮な感覚の色です。織上がりがそのまま届いています。実物は写真より柄ははっきりとしていると思います。値段はみなさまご存知のように、品物不足で、交渉の余地が少なくなりました。¥88,000、-(別税)でおねがいいたします。いい感覚の名古屋帯だと思います。

最近、仕立て替えや染め替えなどのご注文が多くなりました。多い月には仕立て替えが10点を越えたりいたします。一つには呉服屋さんが少なくなり、デパートでもベテランがいない状態で、品物の目利きが出来ない・・・のが実情だと思います。たいへん生意気なのですが、わたし、60年の余お客様にお目にかかっていまして、膨大な数のいろいろの産地のきものを拝見してまいりました。最近では、これはわたしにはわかりません・・・と申しあげるものがまずありません。糸の強弱、生地のやりくりなどベストの解決ができるようになりました。また、何よりの喜びは前に着ておられた方の思いが次の着る人に伝わるような再生ができることでもあります。もう一つ、みなさまご存知のように、最近はプリントの技術が進歩しまして、友禅と見分けがつかないような品物がふえてきています。それはそれでコストが下がっているのでしたら歓迎すべきことだと思います。以前の人が手仕事で染めたものが評価もされないのは誰にとっても悲しいことです。そのきものの命を生かせることもおおきな喜びです。きものの更生はとてもたのしい仕事です。歓迎申しあげます。

米沢・角帯

 

 

めずらしく今日は男物の角帯をごらんいただけますか?宝来さんはいろいろの角帯を制作しておられる機屋さんで、以前から品質もですが、おしゃれな感覚でわたしは愛用していました。今回お願いしましたら、綴れを含めて送っていただきました。綴れは京都でも制作しているのですが、最近は注文しなければ織ってもらえません。博多でも綴れを織っているのですが、わたしは本職ですので、すこし疑問があり、断念していました。米沢で宝来さんが綴れを織っておられるのはしりませんでした。一番下の写真の左のたまつづれと表記してある角帯です。縦糸もきちっとしていますし、いい機ですね。ねだんはまちまちで、1万円台から綴れは高くて68,000円もいたしますが、みなそれぞれに糸の質も織も信頼いただいて大丈夫な品物です。右から二番目の斜めの織り柄の角帯はとてもおしゃれでお勧めして何人かお求めいただきました。儀式には(黒の紋付に袴)すこし問題ですが、着流しにはなかなか素敵です。男性の方で角帯がご入用な方、将来要ると思われる方、宝来さんの角帯をお願いいたします。

秋草紋・付け下げ

 

この付け下げはわたしのところにいます付け下げの内では、とても感性の優れた作品だとおもいます。染め上がりを一目見てとても魅力を感じました。糸目のていねいな仕事もですが、彩色の感性は抜群だと思います。もともと染めの名古屋帯に秋草紋があり、帯から付け下げにデザインを転用して創作なさったように聞いています。季節が限定されますが逸品の付け下げでございます。この職人さんの手になるものは拝見してもだいたい傑作が多いです。この付け下げが棚に眠っていたのは気が付きませんでした。昨年度の在庫ですので値段はすこし下げさせていただきますが、この一点で染めは終わります。¥290,000、-(別税)でお願いいたします。