仕立て上がり名古屋帯、六点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この六点の名古屋帯は、私が留守の間にお求めになられたお客様が、ご注文なさいまして、納品時に受け取りができなという事態になりまして、やむを得ず事故品として安く処分をさせていただくことになりました。捨松、栗山紅型、ぞの他の帯地も、品質はわたしが吟味済の品物ですので、品質、織り共にごく上質な帯地です。仕立て上がり、消費税込みの値段ですからどうぞご覧いただいて、できるだけ早くお求めください。

寸法は幅八寸二分、長さ九尺七寸の寸法で仕立て上がっています。

一番上の写真の帯地は、捨松さんです。わたしが10万少し上の値段でお求めいただいているのですが、現品¥75,000、-仕立て上がり、税込みでお願いいたします。

二番目の帯地は栗山紅型の麻の夏帯です。大胆な柄ですが、小千谷の麻の絣りや夏結城などにはとてもよく合いますかと存じます。¥50,000、-(仕立て上がり、税込み)でお願いいたします。

三番目の帯地は、絹芭蕉の生地に墨描きで株を描いたものです。絹芭蕉の生地は生の糸の状態で織っていますので、腰もあり、夏帯としてはとても締めやすいい生地かと存じます。¥10,000、-(仕立て上がり、税込み)でお願いいたします。

四番目の帯地は、もともと踊りの方のために20本ほどご注文で機屋さんに織ってもらった帯地の残りでございます。手織り引き箔のとても手のかかった良質の帯地ですが、お使いいただきますのに範囲が狭く難しいと思っています。楽しみでお使いいただける方がいらっしゃいましたら是非お願いしたいと存じます。¥10,000、-(仕立て上がり、税込み)

次の黒地の夏帯は、京都の夏お召し地にローケツで染めたとても質の高い帯地です。京都の産です。こちらは私が65000円でお求めいただいていました。こちらは¥45,000、-(仕立て上がり、税込み)でお願いいたします。

最後の染め帯は、若い番号のいい機屋さんの袋帯だったのですが、名古屋仕立ての方お使いいただきやすいと思って、名古屋に仕立てました。私はとても気に入っている帯地です。糸はシャリ感のある、一見夏帯・・・?と思えるような生地です。袷ばかりでなく、単衣のきものにも合わせてみてください。締めやすく、きっとお気に召すと存じます。¥35,000(仕立て上がり、税込み)でお願いいたします。

 

 

 

 

菱健・小紋三点

 

 

 

 

 

 

 

いずれをご覧いただきましても菱健の手の込んだ摺り染めの小紋でございます。上の2反としたの一反は同じ板場の染めなのですが、職人が異なり、タッチがすこし違います。上の2反のほうがお茶席など礼に近く下の摺りぼかしの小紋は街着としてそうとう手の込んだ染めだと思います。スクリーンや転写ではこの染め味は出ません。三反ともに¥59,000、-(別税)でお願いいたします。わたしなりに努力をいたしました値段だと思っています。

わたし、最近のホームページは実は病院でアップいたしております。病状は好転してくれまして、先生も退院の日を1週間後くらいと言っていただき、なんとか自宅でパソコンに向かえそうです。ステロイドの量が多く、今回はなかなか長い時間がかかりそうですが、先生の言葉では少しづつ進行しながらしばらくはやって行けるのでは・・・と自分なりに解釈しております。でも、もうゆっくりと自分の一日一日を大切に過ごしてみたいと望んでいます。どうぞ、もうすこしお付き合いください。在庫の資料など、手元にございませんので、自宅に帰りましてから、画像などを出させていただきます。すこしお目地いただけるでしょうか。

泥染め7マルキ大島Ⅱ点

 

 

 

 

 

夏帯をもうすこしご覧いただきたかったのですが、偶然この大島の画像が出てまいりましたので、こちらをご覧いただきたいとおもいます。大島は最近は普段着の感覚から大きく変化していまして、九マルキや十二マルキさらにもっと細かい絣合わせの目も彩なよそ行き用の大島が作られています。また、そういった大島を100万しても・・・と求められる方もおいでです。この大島は七マルキですし、大島の中では超高級品ではございません。でも、大島の基礎の基礎というべき、泥染め、手織りなどの条件を満たした立派な大島です。この二点は大島をお持ちでない方に是非お求めいただきたいと仕立て上がりで十万を割って処分をさせていただきます。本体は¥58,000、-裏地、裾回し、仕立て代込みで¥99,500、-(別税)でお納めいたします。二点しかございませんがどうぞお求めください。

385都さんスクイ八寸名古屋帯

都さんはご存知のように中国にも早い時期から工場を持ち、中国の草分け的存在です。また、その中国で織っておられる帯地が技術的にも日本が追い付けないほど素晴らしい水準でもあります。とても有意義ないい仕事をなさっておいでだとおもっています。この帯地は日本産です。絽の夏帯の八寸です。用途は、単衣、夏の時期の普段帯です。普段帯と申しましても紋付のような礼装を避けていただけば応用範囲はうんと広いと思います。単衣や夏の時期の白絣りのおきものなどにはとてもよく合うように思っています。手織りでスクイの技法で織られていますから、織りだしは味わい深いです。値段は¥58,000、-(別税)でお願いいたします。日本産の名門のスクイをしては破格にお安いと思います。

700番、まことさんスクイ八寸名古屋Ⅱ点

 

 

 

 

 

まことさんのスクイです。作っておられる数が少ないものですから、やや入手難です。まことさんにとっては、スクイの帯は大切な品目ではあるでしょうけれど、呉服屋に値切られ、いい仕事は求められ、現実には割に合わない・・・とこぼされるのももっともだとわたしは思っています。とりあえず、まことさんはスクイの帯については誰もが認める第一人者でございましょう。わたしもむかしから欲しい柄があれば必ず求めてまいりました。もっとも、カニの柄はとても魅力があったのですが、ちょっと自信がなくて迷っている間にもう手に入らなくなってなっていました。今年のカワセミの柄は見た瞬間にたきちの帯だ・・・だと感じました。多くのお客様が同感を覚えていただくことと思います。入荷以降、わたしの健康不良で数人の方しかごらんいただいていないのが心残りでございますが、わたしに時間の余裕がなくなってまいりましたので、好んでいただく方にお求めいただきたいと存じます。¥98,000、-(別税)でお願いいたします。上の柄はおしゃれこの上なく、上布にも夏大島や明石ちぢみ、絹の絣のきものなどに合わせてお使いいただきたい一品です。お値段は一緒でございます。

泰生さん九寸手織り夏帯

 

 

 

 

さすがに泰生さんですね、いい感じで織るものです。絽目に織っておられますから単衣にも夏にもお使いいただけます。芯を入れて仕立てる名古屋帯ですが、充分に袋帯くらいの格を備えていると思います。袋帯が近年とても敬遠されるようになりました。軽く使う雰囲気がありませんので、織りを重くした九寸の名古屋帯が中心になってまいりました。手織りが中心になりますので、泰生さんでも河村さんでも織れる数が少なくなってまいりました。特に河村さんのつづれの名古屋はひっ迫している感じです。この帯地は入荷してからご覧いただいた方が数人というかわいそうな状態です。わたしの入院などとぶつかりなにかとうまくまいりませんでした。処分の値段で¥98,000、-(別税)でお願いいたします。特価だと思います。