丹後、変わり織り紗のコート

たきちの商品をご紹介してゆこうと思っているのですが、なかなか終わりそうにありません。でも、最後の仕事でもございますので、じっくりと品物のことも申し上げながら・・・とおもいますとこのようなスローになってしまいます。この紗のコートは、白生地の糸使いがじつにいい品物で、わたしは長じゅばんに・・・と思って求めたのですが、ウオッシャブルにならなくて、放置していました。あるお茶の先生がお越しになった時、コートにしてみましょう・・・と申され、仕立て上げましたところ、じつにいいコートになりました。生地はAB反で求めていますので、生地代が12,000です。品物はわたしが申しますのですから、ご信頼ください。いい品物です。色はお好みの色に染め、お仕立てをして42,800、-になりますが、コートでも数が必要な方は一点おつくりいただいて、利用価値はとてもあると思います。三枚目の写真は四枚目のきものの上に重ねて写してございます。透けの具合をご覧いただけるかと思います。生地は変わり紗織りですが、薄お召しのようでもあり、いい品物です。五点作ることができます。

壺金の長じゅばん

日本製の精華の長じゅばん地です。壺金は以前にも申し上げましたように、業者の間でも評価の高い織物です。特徴は、ウオッシャブルの長じゅばんに仕立てることが出来ること、ぼかしですので、礼装用、普段用といずれにもお使いいただけますし、薄色ですので、最近の薄い地色のきものの表地にもよく合います。また、裾さばきが楽なこともみなさまの好評をいただく点ではないかと思います。ご存知のように、今年の一月から、絞りの長じゅばんをご覧いただいております。高級品ですし、立派な長じゅばんなのですが、生地が柔らかく、体に添う特徴があります。また、ごく薄い表生地ですと、写るのでは・・・とご心配をなさる方もおいでです。じっさいに、表地を通して色が写ることはありませんが、壺金のさばきのいい生地を望まれるお客様も多く、探していました。なんとか今年中はこの値段で頑張ってまいります。ウオッシャブルになさって、気持ちよくお召しいただきたいと思います。¥29,000、-(別税)でお願いいたします。この発売元はすこしぼかしの色が濃いようにおもいます。できるだけ薄いぼかしをみつけて、まめに求めるつもりです。

 

 

藤田さん、ドット柄名古屋帯

とても変わった名古屋帯をごらんください。この帯はホームページに掲載する前におもとめいただいていますので、本来、人目につかないようにわたしが配慮すべきなのですが、お願いして出させていただきました。藤田さんはたきちのホームページもご覧になっておられますので、この帯はとても高くて・・・とは申しにくいのですが、じっさいに、高い帯地でございます。この帯地は夏帯でございまして、単衣にも夏の時期にもお使いいただけます。この帯を出させていただきたかったのは、一つには、抜きに苧麻を使っておられるのが珍しく(証紙に生皮苧麻緯と表記してございます)わたしは初めて拝見しました。このドット柄をどのようにして織っておられるのだろうか・・・と疑問に思い、裏をひっくり返したりしてみるのですが、わかりません。また、一点づつ織り方も値段も違い、もう推測することはあきらめて、出された値段で求めれるかどうかだけを考えることにいたしました。業者の間でも話題にすることがあるのですが、買い継ぎのひとは上のほうの人はご存知です。問屋はほとんど知っていません。それだけ寡作であり、知られていないのです。わたしが終わるまでにまだ扱えるかどうかわかりませんので、ご覧いただきたいとおもいました。このような帯地を作っておられる方もあるのです。奥深い世界でございます。

絹紅梅、在庫品

在庫にありました絹紅梅をご覧ください。生地のメーカーは同じなのですが、染色はこちらはすこし落ちます。糊を伏せて引き染めで地色を加工していますから、真面目な染めではございますが、手で色を挿したりはいたしておりません。でも転写ではなく友禅にまちがいはございません。たぶんシルクスクリーンに引き染めなのだとおもいます。在庫でございますので¥19,800、-(別税)でおねがいいたします。

手差し友禅の絹紅梅

昨日、買い継ぎのところで魅力的な絹紅梅をみつけました。絹紅梅は高級浴衣の世界なのですが、最近は真面目に制作しているところがなく、求められないでいました。この2~3年で業界のありかたが相当変わりまして、買い継ぎが最前線に出て、ものつくりをしています。ひとつには買い継ぎには人材が豊富で、問屋を指導できる人がまだまだおられます。問屋が勉強をしないで何十年かすごしてきていますので、いまは問屋の存在自体があってもなくてもいいほど希薄です。この絹紅梅も買い継ぎであっても数点しか作っておられませんでした。わたし好みの選択ですがいかがでしょうか?ゆかたといえども絹ですので、ドライクリーニングをなさっていただかねばなりませんが、もっとも高級なゆかたとしてお使いください。¥48,000、-(別税)でおねがいいたします。

江戸小紋を小千谷の麻の生地に染める

以前からどうしても作っておきたい・・・と念願していました小千谷の苧麻に、染めは極型の田島さんの江戸小紋が染めあがってまいりました。じぶんでも”ここまでやってもいいんだろか・・・?” と思いながらの注文の染めです。麻に江戸小紋はとても難しかったです。生地もちぢみでは染まりませんし、染料は下の板につきますし、二度失敗しました。生地を改めて、ようやく完成いたしました。紗や牛首紬の夏物に染めるよりうんと難しかった・・・と言われました。田島さんは染め代が高いのですが、このような冒険にも腕まくりをしていただけます。夏物の染めも終わりですし、この一点のみの染め上がりなのですが、とてもうれしい作品になりました。値段は申し上げない方がいいようにおもいます。比較していただくこともできませんし。ただ、紋紗の無地にも江戸小紋を染めておられましたが、それは値段もすこし安くできましたし、魅力があり、とても気持ちが動きました。牛首紬の夏物への染めは、私はすこし違和感がありました。腰が強すぎるのでは・・・・と感じました。ともあれ、この作品をみなさまにごらんいただけるのはうれしいことです。

小千谷ちぢみ、江戸紅型Ⅲ

もう一点、小千谷の紅型がございました。すてきな浴衣になるとおもっています。この江戸紅型は、綾瀬の近くで染めておられます。琉球で染める紅型は顔料で染めまが、この反物は染料で染めています。沖縄地方の日射量は内地とはずいぶん違います。沖縄で染料のきものをお召しになられますと、すぐに色が退色いたします。ですから、顔料のような生地に乗せる染め方を摂ります。顔料で染めたものは、内地ではすこしタッチが強い・・・と感じられます。帯などは部分が小さいですから、アクセントとして魅力的なのですが、きもの全体では染料で染めた方が穏やかな気候風土には合っているように感じます。この小千谷も¥58,000、-(別税)でお願いいたします。