きしやさんの小紋Ⅱ


わたしの写真の腕ではとてもこの染め味を表現できませんので、わたしがブログに載せるほど力が入っているのをご覧いただいて不思議に思われるかもしれません。わたしが業界に入りました1960年ころはこのような染めは珍しくもないごくごく普通の手捺染の小紋でした。特別に高額ではなく、いまの相場で6~8万くらいとおもいます。したてあがって10万前後のきものになるでしょう。数年前までは作っていたのですが最近は見なくなりました。写真の小紋はおだやかな自己主張の少ない染めです。コントラストも強くなく、糊もやわらかで、俗にもうします、見せる着物ではなく着る着物なのだと思います。銀座のきしやさんはとても有名な呉服屋さんでした。わたしは納めていた京都のメーカーしか知らないのですが、北秀ともうします製造卸の大きな染め屋さんでした。北秀さんほどの規模で高級品を制作しているところは現在ありません。この作品を拝見しても、生地の吟味(大塚です)、染める職人の気持ちのゆとりを感じます。日本の経済が奇跡的な登り基調の時代でしたから、このような普段の小紋にまでゆとりが与えられた時代ともいえます。全体におっとりとした持ち味があります。流行は変遷しますし、わたしの郷愁かもしれません。また、時代の変化に取り残された老人のくりごとかもしれないとも思います。でも、やはりこのような染め味は評価されてほしいと思います。

満点星躑躅

 

素人の悲しさで、この筆の運び、雰囲気など、なかなかお伝えできません。やはりプロの写真家の作品は大きくちがいます。一番下の写真がまだ雰囲気をお伝えできているかもしれません。この帯地は京都から染め屋さんが来ておられたとき、同席しておられたお客様がご覧になってお求めになり、商品としてたきちに掲載するべきものではないのですが、いい作品ですので、たくさんの人にご覧いただきたいと思いお願いして撮影いたしました。仕立ては「お染め仕立て」ともうします、前を半幅に折らないで、平らなまま帯裏をつけて、短い袋帯のように仕立ててございます。厚みが出来、帯のボリュームが出て、力強い感じになります。前の幅は、広くもお締めいただけます。この帯をお求めいただいた方は、テーマを出されて、図案からただいま染め屋さんが苦闘しておいでです。ちょっと例のないテーマです。完成しましたら、商品としてではなく、どのように新しいものを作り出しているのか・・・ご覧いただきたいと思っています。

紋紗と夏帯

 

 

このコーナーは、たきちの宣伝の場ではございませんので気軽に覗いてみてください。写真の方はお嬢さんのように見えるかもしれませんが、結婚しておいででございまして、車の中にはゴルフバッグを忍ばせておられる、文武両道?の達人です。きものはとてもお好きで、実家のお母さんのきものも多くを着こなしておいでです。いまは週に2~3回はきものをお召しになっていらっしゃいます。帯の生地は小千谷の座繰りの絹糸で織った夏用の帯地です。染め屋の名前は出さない約束ですが、京都の染め屋さんです。柄の名前は「アールヌーボー」。家内がしばらく入院していましたので、わたしが柄を選んだのですが、ちょっと不安がありました。わたしにしては古典柄でなく、ちょっと冒険だったのです。それが、お使いいただいて、お友達の方々にもとても好評でしたよ・・・・とうれしいお話を聞きます。80歳近くなりましても、勉強々々でございます。

 

真糊

最初の写真は、お召しいただいての左肩の図案です。下の二枚は、染め上がりの時点での写真です。やはりきものは着ていただいて命が吹き込まれます。真糊の力強さも動きが伴うとより生きるように感じました。上前などの写真はアップできませんが、着ていただいて生きているように感じます。このような機会を与えていただきますと、作ってみたい・・・・・という気持ちが湧いてまいります。わたしにとってもとても貴重な日でした。

額裏

額裏・雷神-500赤富士-500釣り-500額裏・獅子-500

額裏・・・・と申し上げましても、多くの方はご存知ないかもしれません。男性の羽織の裏で、この様に一つの模様になっているものを額裏と呼んでいます。紬などに額裏を使うことは少ないのですが、紋付の羽織の裏には額裏をつかうことがおおいと思います。最近は中国製かプリントで染めたものが多いのですが、このように絞りでそうとう凝った額裏も僅かですが使われることがあります。先日ご注文があり、藤井絞りさんからお送りいただきました。拝借していますので、本来はHPに出したりするべきではないのですが、このようなものもまだ日本で作られているんです・・・・と知っていただきたくアップいたしました。生地はチエニーと呼ばれている、男性の長じゅばんなどに使う生地の軽めです。魚釣りの柄がありますが、趣味でフィッシングをなさる方などが注文なさるのでしょうね。贅沢な趣味の羽裏です。

川島さんの数十年前の丸帯

川島・丸帯1-500川島丸帯2-500

先日、川島さんの丸帯を重いので二本に仕立ててもらいたい・・・・とこの帯をお持ちになられたお客様がありました。まことに見事な帯で、いまではここまで重い織りの帯は(作れないことはありませんが)まず市場にありません。かってはこのレベルの帯が織られていたんだ・・・・と、一見の価値ありと思いご覧いただきたいと思いました。今ですと200~300万いたしますでしょうか。かっての時代、独身男性の一年分の給料に相当する帯地が結納として贈られました。こんにちですと、おかしな習慣・・・・と一笑に付されるかもしれません。しかし、70年前までは生きていた考え方でした。わたしも知らない時代なのですが、この帯に触れて、贈った方、受け取られた方につい思いがおよびました。年寄りは感傷的になるようですね。

唐織で締め切りの名古屋を・・・・

〆切り参考柄-500

今年の五月ころ、泰生さんで織ってもらった締め切りの名古屋帯をご覧いただきました。点数も僅かしか作れませんし、袋帯を名古屋に織るためには、筬を替え枝抜きを替え、整経から替えてまいります。機の拵えそのものを変える・・・ようになります。よく、泰生さんが引き受けていただけた・・・とおもいます。好評をいただき、次の締め切りを考えなさい・・・とご注文いただくのですが、量産なさる機屋さんでは造りがいい加減になりますし、今回は唐織で挑戦したいと思いますので範囲がうんと狭くなり、どこにも引き受けてもらえない日々が続きました。ふと、数年前に織ってもらった、個人でこつこつ織っておられる職人の方を思い出して、お願いしたところ、引き受けてもらえる運びになりました。もと、山口さんで織っておられた職人の方です。本格派の唐織りを織ってもらえます。今年の暮れ頃にはなんとかご覧いただけるのでは・・・・と思います。ご期待ください。