付け下げ小紋

 

 

 

さいきん、この染屋さんが試みておられる「付け下げ小紋」をごらんください。付け下げは、脇では柄が合わなくても、上前で柄を必ず合わせます。訪問着はご存知のように上前、脇、背縫い、袖と身頃、衿と上前のすべての部分で柄を合わせます。柄を合わせるためには、下絵も複雑になり、色挿しの時にも、合い口の色を合わせなければなりませんので、とても神経をつかいます。小紋は送りと申しまして、同じ柄、色の繰り返しですから、染める人は気分的にずいぶん楽です。付け下げ小紋はそのような意味で、同じレベルの染めをいたしましてもコストは小紋と付け下げの中間くらいで収まります。ご覧いただいている付け下げ小紋は、上前も柄はあっていませんが、左胸、袖、身頃と付け下げの柄の配置になっております。2~3年前から、小紋でありながら付け下げ風に柄を配置したきものを染めておられましたが、より一層発展させた作品を作られるようになりました。濃紺地に菱取りで友禅を配しています。上前は合い口はありませんが、袖、左胸、身頃と付け下げの柄の配置にいたしてございます。典型的な関東好みの柄でございます。ひとつ注目していただきたいのは、真糊で糸目を置いている点です。最後の写真の白く抜いています井桁の部分は真糊の特徴がよく出ています。わたしの真糊好きを笑われる方もいらっしゃいますが、この味わいはやはり手つくりのぬくもりがあり、ゴム糸目にはない味わいがあります。いまでも真糊で染めるところはめったにないのですが、多分近い将来なくなるであろうとおもいます。どうぞ、真糊の味わいをお楽しみください。値段は申し上げれませんのですが、小紋よりすこし高い値段でございます。

注文いたしておりました染め物はあと1点で終わります。いい腕の職人さんの手で、鳥獣戯画を染めてもらっています。蛙やウサギが生きて染めあがってまいりますかと期待しています。みなさまに楽しんでいただけるとおもっています。

米沢、鈴源のお召し

 

鈴源のお召し一反をご覧ください。鈴源は一昨年、会社がなくなりましたが、米沢では男物のお召し、袴地、男ものの真綿の紬など、良品を作るところとして名を知られていました。写真のお召しは先日の処分のときに見つけました。生地がとてもよかったので求めておきました。明るい爽やかな色目ですから単衣のお茶の時の紋付になさっていただきたいとおもいます。女性のためのお召しですが、男性用くらいの縦込みの多さで、しっかりとした生地です。米沢は、これだけ品質がいいのに、それに見合うデザインの部門が添っていない・・・とわたしは感じています。惜しいことだと思います。実際に機屋さんと会っても、作り方や糸の話がほとんどです。わたしはその方が好きですので楽しい時間を過ごさせていただいていますが、ほんの少し変わってほしいな…と思ってはおります。このお召しは¥61,600、-(別税)でおねがいいたします。

米沢の紬八寸、名古屋帯

 

 

米沢の八寸幅の紬地の名古屋帯です。大島や一般的な紬までお使いいただける普段用の帯地です。でも、大島などにはお出かけの時の帯付きとして、役目を果たせる帯地でございます。手織りか織機か、正確にはわかりませんが、手織りであってもおかしくない複雑な織り込みの帯地です。(西陣の得意とする織り方とはまたすこし違いますので、組織や織り方がわたしにはよくわかりません。)色合いは最後の写真の色が実物に最も近い色でございます。最近は八寸幅の帯が需要が少なくなり、これだけ魅力的な柄と織りの帯であっても、求められないまま倒産するのですから、なにかいびつな形になってきているように感じます。¥39,800、-(別税)でおねがいいたします。

お客様のあつらえの帯

 

 

青空に映える枝垂れ桜・・・お客様にご注文いただき今回は二か月もかからないで染めあがりました。わたしの写真の腕が劣りますので、半分もお伝え出来ないのが残念です。この帯地は傑作のひとつになったとおもいます。このようなあつらえの染めは、本来、100に一つくらい数少ないのが普通なのですが、既製の帯地があまりに粗雑な作りが多く、誂えの帯地のほうが割安ではないでしょうか・・・と、わたしもお勧めしたい気持ちにもなります。わたしの役目はきものにしても帯地にしても、感動していただいたり、ご満足いただくことなのですから。

京都のもみじ

 

 

大徳寺の今年の紅葉は心に沁みるような色合いではないように感じられました。聞いてみますと、気温差が少なく、冴えない紅葉です・・・とのことでした。また、一年に一回の公開参観日とのことで、人が多く写真も撮れないような感じでした。京都の機屋さんや染め屋さんはあいさつに伺っただけ・・・の結果でした。常時在庫を積んで、地方から買い付けにきてもらう、以前のような販売方法は出来ない時代に入っていることを感じました。力の入った品物がないのです。今まで売れていたものを少し変えて、無難なものを作ってなんとかお求めいただこう・・・という感じで、意欲的な作品に会うことが出来ませんでした。東京にはもっともすぐれたものをもっていっていますから、お待ちいただいたほうがいいものに会えると思います・・・と言われてしまいました。途中で端折って、すこし時間がありましたので三十三間堂のほとけさまを久しぶりで参拝いたしてまいりました。ここには風神雷神の彫刻がございます。今回はじっくりとお目にかかってまいりました。ご本尊は観世音菩薩さまです。今日は前に立つだけでおもわず頭が下がって、手を合わせておりました。いままでに感じたことがないほど大きな存在に思いました。とても素晴らしい時間でした。

引き箔地に蘇州の刺繍の袋帯

 

 

 

 

西陣の手織りの引き箔の生地に蘇州の刺繍を施した豪華な袋帯です。最近はこのような人件費の塊のような帯地は制作できない時代になってしまいました。中国の人件費の値上がりはすざましく、日本の機屋さんもほとんどが撤退しています。ただ、蘇州の刺繍は日本ではできませんので、今でもオーダーで中国で制作されています。でも注文品ですから店頭にでることはまずないとおもいます。この帯地は以前に作られていて、問屋の蔵に入っていたのでしょう。先日の処分で出品されていました。偶然わたしのてもとにまいりましたが、このような工芸品がこのような値段で出品されるようになったのか、複雑な思いをいたしております。値段は77,000、-(別税)でおねがいいたします。

明朝早くに、母の法事で京都に出かけますので今日、夜になってコンピューターに向かっています。月曜日に昔のなじみの機屋さんや染め屋さんを数軒伺って帰路につきます。関西は雨になるような予報です。モミジはあきらめて、産地の様子を勉強してまいります。

米沢・白鷹織りお召し

 

 

米沢の白鷹お召しは県の重要無形文化財指定の手織りのとても優れた織物です。写真のお召しは男物ですが、女性のきものが生産のほとんどです。結城、小千谷の括りの絣と並んで数百年その作り方が変わっていません。また、そうでなければ重文の指定は受けれないのですが、白鷹は生産量がとても少ないので一般的にはあまり知られていません。白鷹は経糸と横糸の交点で柄を表現する絣りに織られています。そのために糸を括り染色に入ります。この縦縞は板締めで染めて織られています。板締めは二枚の板に同じ柄を彫りこみ、その間に布を入れて締め、染色いたします。米沢では以前は普通の染色方法だったようです。いまでも作家の方が板締めで生産しておいでです。北の米沢と南の琉球は今もってむかしの作り方を変えていないものつくりが残っています。その意味で、わたしは米沢にはまだ本物が残っている・・・とよく申し上げています。海のシルクロードを経由して伝わった読谷村花織り(ゆんたんじゃんはなうり)もその技法は汲めども尽きない素晴らしい織りの源泉だとおもいます。また、米沢には米琉という織物がございます。米沢琉球の意味で、米沢が琉球から学んで織物にいたしました。わたしが参加した会で、この白鷹の織物は残っていました。男物がいかに評価が低いか・・・実感いたしました。お召しでございますからお茶席でお召しいただいたり、上に紋付の羽織をお召しになられたら、礼装としてお召しいただけます。¥88,000、-(別税)でお願いいたします。とても安いと思います。